ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

大場印刷株式会社

 

CTP室の無人化達成
RIPフロー中心に業務組み立てる

企業概要

会社名

大場印刷株式会社

創業 1950年
所在地 山形県山形市立谷川二丁目485-2

[写真]土屋取締役

土屋取締役


導入効果

  • 誰でもCTP出力の操作ができ、CTP室の無人化を実現
  • 標準搭載の「インキ削減機能」を活用しインキ削減へ

インタビュー

導入経緯|CTP室の無人化実現を目指して

大場印刷株式会社は、昭和25年創業の歴史ある企業だ。経営理念「五感に響くコミュニケーション」を追求し、時代のニーズを先取りした技術革新に取り組んできている。同社は2年前、富士フイルムの「XMF」を更新して、CTP出力オペレーションの効率化、使用インキの削減対策などへの挑戦を続けている。同社が「XMF」とCTP出力機の導入を決めた理由の一つは、CTP出力機の圧倒的な生産能力の高さだが、同社ではこれに加えて「XMF」をうまく活用することで、CTP出力専任者を配置しなくても仕事が流れるようにしているという。もう一つの理由に「Remote」の存在があった。「競合製品がある中で、最終的にXMFに決めたのは、Remoteの存在が大きい。Remoteをデモで見たとき、操作が簡単で、利用者目線の機能が搭載されているため、いろいろな使い方ができると直感的に感じた。」と同社業務統括の土屋和浩取締役は語る。

導入効果|CTP室の無人化達成、インキ削減機能も活用

XMFを導入した時、これは誰でもCTP出力の操作ができるシステムだという声が現場から上がってきたという。そこで同社ではCTP出力をデザイナーや校正、工務担当が行うよう進めたところ、製本加工に不慣れな人でも簡単に操作できた。また、これまではCTP室に居なければ出力状況が判らなかったが、今ではネットワークを通して制作ルーム内でチェックでき、履歴、トラブル状況も判るようになった。結果的にCTP室の無人化が達成できたという。また、XMFに標準搭載されている機能の一つである「インキ削減機能」は導入時にはどこまで使えるか半信半疑だったが、今ではなくてはならない重要な機能だ。この機能を活用して同社は印刷インキの削減に取り組んでいる。同社はオフセット輪転印刷機と枚葉オフセット印刷機の両方を保有しているが、輪転印刷機に関してはほぼ全ての印刷物でインキ削減を行っている。枚葉印刷機に関しては、その印刷物のバリエーションの多さがネックになっている ため、印刷オペレーターがインキ削減機能を選び、空いている機械の版サイズを選択して面付けを変更し、版出力を行う予定だ。

[写真]【画像】社員の意識に変化が

(日本印刷新聞社様2016年2月取材)

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージング ソリューション、ヘルスケア&マテリアルズ ソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る