ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

現像廃液削減装置「XR-2000」発売のご案内

2010年3月15日

富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社

現像廃液を8分の1(現状CTPシステムとの比較)にまで濃縮できる現像廃液削減装置『XR- 2000』の販売を開始いたしました。現像廃液を濃縮し、「蒸留再生水」と「濃縮廃液」に分離処理することで、最終的な産業廃棄物(濃縮廃液)の体積を8 分の1 にまで減量。また、「蒸留再生水」は下水に放流できる水質で、再利用も可能です。減圧蒸留・ヒートポンプ方式の採用により、省電力を実現しているのも特長です。同装置により、廃棄物(廃液)の運搬・最終処分に伴うCO2排出量およびコストの大幅な削減が可能になります。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る