ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

「primedex_2010」ご来場のお礼

2010年8月4日

富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社

7月22日から24日までパシフィコ横浜にて開催された『primedex_2010』に出展しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

今回は、「進め、i-VisionX、印刷の未来航路を。」のスローガンを掲げ、印刷業界を明るい未来へと導く羅針盤としてのトータルソリューション『i-VisionX』が、具体的にどのようなメリットをもたらすのか、アドバンスト・エコプレス/ハイブリッド・プリプレス/デジタルプレスのカテゴリごとに、実演を交えて紹介しました。 メインステージでは、環境対応サーマルCTPシステム『ECONEX』、次世代ワークフローシステム『XMF』『XMF Remote』の最新バージョン、およびカラーオンデマンド・パブリッシングシステム『富士ゼロックス Color 1000 Press』のプレゼンテーションを行なったほか、セミナー会場では、いま話題のカーボンフットプリント(CFP)の動向や算出方法などについて解説する技術セミナーを実施し、大きな反響をいただきました。

展示会風景

ADVANCED ECO PRESS Solution

世界最高水準の環境性能を誇るサーマルCTPシステム『ECONEX SYSTEM』を中心に、FFGSのエコソリューションの全貌を紹介しました。

なかでも注目を集めたのは、現像廃液をわずか8分の1まで削減可能な『XR-2000/5000』。実機稼働によって、廃液削減効果を体感していただいたほか、メインプレゼンテーションでは、実際に導入されたお客さまの声も交えながら、導入メリットの大きさをアピールしました。

さらに、サーマルCTPセッター『Luxel PLATESETTER T-9900G』+プレートプロセサー『LP-1310HII』のCTPラインの実機デモに加え、「CO2世界最少」を実現した低炭素プレート『XP- F』のサンプルも展示。また、システム提案だけにとどまらず、使用電力の診断から、環境経営に必要な情報提供・教育まで含めた、より大きな視点での環境ソリューションを、パネルなどで紹介しました。

展示会風景

HYBRID PREPRESS Solution

最大の目玉は、Version3.0へと進化した『FUJIFILM WORKFLOW XMF』およびWebポータルシステム『XMF Remote R5』による最新のワークフローシステム。カラー・オンデマンド・パブリッシング・システム『富士ゼロックス Color 1000 Press』との連携で、Web入稿からオンライン校正、オンデマンド出力までの効率的な“XMFワークフロー”のプレゼンテーションを行ないました。

とくに、台割の設定に合わせて自動で面付けが行なえる「ビルトイン面付け機能」、印刷機の変更に応じて面付けやカラーマネージメントなどのパラメータ設定を一括して自動で切り替えられる「出力設定管理機能」、時間や場所を選ばない「Webオンライン校正」などの新機能は、生産工程の効率化という自社メリットだけでなく、柔軟な対応力による「クライアントとの信頼関係の強化」という観点からも関心が寄せられました。

また、プルーフソリューションとしては、色再現領域を拡大し生産性もアップしたファインジェットプルーファー『PRIMOJET SOFT-XG』を、サンプルとともに紹介しました。

展示会風景

DIGITAL PRESS Solution

昨年のJGAS2009での国内発表以来、大きな話題を呼んでいるデジタルインクジェットプレス『Jet Press 720』を、映像と出力サンプルで紹介。富士フイルムのグループシナジーをフルに活かして開発した先進機構と、オフセット印刷に迫る優れた出力品質に注目が集まりました。 トナー方式のオンデマンドシステムとしては、最新のハイエンドモデル『富士ゼロックス Color 1000 Press』をはじめ、カラーオンデマンドの即戦力機として好評の『富士ゼロックス 700 Digital Color Press』、毎分144枚の高速モノクロ機『富士ゼロックス Nuvera 144 EA Production System』などを一堂に展示。とくにカラーオンデマンド機については、クライアントのプロモーション戦略をサポートする多彩な制作物のサンプルを展示したほか、高度なカラーマネージメント機能を活かしたプルーフ出力機としての活用も提案しました。

また、高付加価値印刷の一例として、3Dデジタルカメラの画像データを使い、ワイドフォーマットUVインクジェットプレス『LuxelJet UV350GTW』でレンチキュラー印刷物を作成するというデモンストレーションにも関心が集まりました。

展示会風景

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る