ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

「i-Communication 経営セミナー 2011」を全国各地で開催

2011年6月17日

富士フイルムグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグラフィックシステムズは、印刷会社の経営者の方々に、今後の事業展開の参考となるさまざまな情報を提供するため、昨年に続いて『i-Communication 経営セミナー 2011』を全国で開催しています。

第1回目は、6月3日に愛知県・名古屋栄東急インで実施。セッション1では、全日本印刷工業組合連合会 教育・労務専門委員会 委員長を務める、大東印刷工業(株)(東京都墨田区)代表取締役社長・佐竹一郎氏が、「『見える化』から始める収益改善と環境対応~社員全員に個人事業主意識を~」と題する講演を行ないました。

佐竹社長は、極端な需給ギャップを背景とした印刷業界の厳しい現状を、労働分配率や売上高・加工高比率などの経営指標を使って解説したほか、社内のあらゆる業務に掛かっているコストの「見える化」を図り、ジョブ単位での収益を確保することで、収益改善を果たすべきと主張。その考えを具現化した独自のMIS(業務管理システム)「印刷タクシーメーター」によって劇的な収益改善を実現した実例と、同社の環境対応への取り組みについて説明しました。

続くセッション2では、FFGS 技術本部 担当部長・中林鉄治が、「企業研究で知る、顧客価値創りのビジネスモデルのヒント」と題し、顧客と一体となって顧客価値を作り上げていくビジネスモデルについて、印刷業3社の事例を中心に詳しく解説しました。

セミナーには、印刷会社の経営者を中心に100名以上が参加し、セミナー後の情報交換会会場においても講師への熱心な質問が続くなど、大盛況となりました。

なお、次回の『i-Communication経営セミナー』は6月23日(木)に東京ミッドタウンで開催いたします。また、大阪、札幌、広島、金沢、福岡、仙台でも、下記の日程で順次開催を予定しております。

7月1日(金) 大阪
7月22日(金) 札幌
7月29日(金) 広島
9月2日(金) 金沢
10月7日(金) 福岡
10月14日(金) 仙台
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る