ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

世界で導入が進む「Jet Press」シリーズ、各国ユーザーから高い評価

2013年9月20日

富士フイルム株式会社

富士フイルムの次世代インクジェットデジタル印刷機『Jet Press 720』は、2011年12月の販売開始以来、日本・北米・欧州を中心にワールドワイドで導入が進んでおり、グラフィック関連分野のユーザーから高い評価を得ています。富士フイルムは、インクジェットデジタル印刷機のトップベンダーとして、販売・サポート体制の強化とラインアップ拡充を図っており、2014年度には『Jet Press』シリーズ全体で300台以上の市場導入を目指します。

『Jet Press 720』は、小ロット・多品種のカタログ・リーフレットなど、高付加価値を訴求できる商業印刷物、写真画質を必要とするアルバム用途などを中心に採用が進んでいます。

『Jet Press』シリーズとしては、シングルパス方式、1200dpiの高解像度で菊半サイズ(最大用紙サイズ:750mm×530mm)の高速印刷を世界で初めて可能にした『Jet Press 720』に加え、新たなラインアップとして、紙器パッケージ用途に必要とされる厚紙対応を実現した『Jet Press 720F』(仮称)が、2013年12月より発売の予定。また、2013年9月より、海外市場を主要ターゲットとして、ロールタイプのインクジェットデジタル印刷機『Jet Press 540W』の販売を開始しています。これは、小ロットの書籍やフリーペーパー、あるいは中ロット以下のデータプリントなどをターゲットとしたシステムです。これらのラインアップ拡充により、『Jet Press』シリーズの対象市場は大きく広がっています。

すでに『Jet Press 720』は、日・米・欧を中心に、さまざまな用途で戦略的に活用されていますので、その事例の一部をご紹介いたします。詳細は以下のPDFをご覧ください。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る