ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

Page2015 FFGSセミナーレポート[2]

Web時代のビジネスが向かうところ

2015年3月10日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

[画像]

 2月4日から6日にかけて開催された『page2015』において、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(社長:渥美守弘、以下FFGS)は、展示会場でのソリューション紹介に加え、「省資源」「Web to Print」「ワークフロー」に関するソリューションをより深く掘り下げて解説するFFGSセミナーを実施した。本稿では、2月5日開催の「Web時代のビジネスが向かうところ」の概要を紹介する。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
シンプルプロダクツ事業部 事業部長 渡邊泉


●Web時代の年賀状

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(以下FFGS)の組版エンジンを搭載したシステムが、さまざまな分野で活用されている。とくに、年賀状作成・印刷サービスでは、2014年(平成26年)、34億1,500万枚の年賀状が発行されたうちの9%(3億1,200万枚、520万件)がFFGSシンプルプロダクツ事業部製組版エンジンを使って作成されており、年賀状作成・印刷サービスの総需(4億5,000万枚、750万件)の69%を占めている。
これらは自動組版ソフトウェア製品『Form Magic4』をベースとしたセミオーダーの独自システムとして構築されている。

2015年の年賀状動向を見ると、Webの存在感、とくにモバイルの存在感が高まっていることがわかる。Webで年賀状を受注するサイトは、前年比103%~130%の増加であったが、スマートフォンなどモバイル端末からのアクセスが、PCからのアクセスを上回った。

端末の2014年度国内出荷見込みは、スマートデバイス910万台(前年比22%増)に対して、クライアントPCが304万台(前年比20%減)と予測されている。こうした状況からも、モバイルの重要性が引き続き高まることは間違いない。

●モバイルファースト

モバイル端末の急速な普及を背景に、「モバイルファースト」という情報の見せ方が定着しつつある。モバイルファーストとは、2008年ごろからGoogleなどにより提唱され始め、2012年ごろから注目が高まっているもので、以下のような考え方である。

  • Webサイト立ち上げの際、まずモバイルサイトから作成する。
  • ビジネス戦略においても、モバイルから考えることが重要。
  • モバイルとデスクトップの境界を解消、あるいは役割を区別すること。

モバイルファーストの実践にあたり、モバイルデバイスの狭く制約の多い画面に加え、通信環境、位置、地域性、相互アクセスなどの特徴を考慮しつつ、「同一コンテンツを上手く見せる」ことが必要となる。このため、「コンテンツ」と「見せ方」を分離することや、モバイル端末の新機能を適切に取り込み、活用することが求められる。

「コンテンツ」と「見せ方」を分離するには、レスポンシブWebデザインが有効である。レスポンシブWebデザインとは、2011年に日本でも注目されたWebページのデザイン手法で、PC向け・スマホ向け・タブレット向けなど、さまざまな画面サイズのデバイスに対応したWebデザインを柔軟に実現できるものである。

つまり、モバイルファーストへの取り組みを進めるには、以下の3つのポイントを押さえることが必要である。

  • ワンソース・マルチデバイス管理をWebサイトにも適用する。
  • コンテンツを一元管理する:コンテンツ管理システム(CMS)の活用
  • モバイルの新機能を有効活用する:コンパス機能、ジャイロスコープ機能、オーディオ機能、カメラ機能、Bluetoothでの外部デバイスとの接続、プロキシミティ‐デバイス間の距離を検知、光検知、NFC、など

●Web時代のビジネスモデル

ビジネスモデルという用語は、1991年以降の「.comビジネス」拡大とともに急速に普及し、2002年以降には「競争優位の持続」「イノベーションの源泉」として再認識されるようになった。ただ、ビジネスモデルはある程度出尽くしており、さまざまなモデルが形を変えて再発見・再発明され適用されていると感じている。

Web時代のビジネスを考えるにあたり、「収益モデル」「売り方」「作り方」「ネットにより可能になったもの」の観点で各種ビジネスモデルを理解することが重要である。このうち、「売り方」は印刷会社の顧客(印刷物発注企業)のビジネス強化、「作り方」は印刷会社のビジネス強化に大いに関係する。

また、ネットにより可能となった、オープン・イノベーションやクラウドシステム、クラウドソーシング、フリーミアム、ロングテールなどに対する理解を深めることも求められる。なお、フリーミアムとは、インターネットの普及で実用化された「無料」の収益モデルで、内部補助型・第三者補助型・一部利用者負担型・ボランティア型という4つのパターンがある。

●我々にできることは?――参考例・ヒント

我々印刷業界および周辺産業は、コンテンツとしての情報をいかにうまく見せ、届けるかに注力してきた専門家である。しかし、媒体が紙から画面に変わる時代には、根本的な見せ方の設計、従来の「割付への情報流し込みによる制作工程」などを見直す必要があるだろう。

では、印刷会社がモバイル活用のノウハウを蓄積するには、どうすれば良いのか。モバイルを「自ら使う」「(利便性を上げるためにお客さまに)使っていただく」「使う人(=自社に仕事を流してくださる方)を支援する」という3つの取り組みが求められる。

あわせて、「インフォグラフィック」のスキルを高めることも有効である。インフォグラフィックとは、情報を整理してグラフィックで伝えることである。そのためには高いスキルが必要とされることから、デザインに力を入れている印刷会社が差別化するのに有利である。また、インフォグラフィックのスキルがあれば、Webの仕事を獲得できるようになることも期待できる。

顧客の「オムニチャネル化」に対応することも重要である。オムニチャネルとは、店舗とネットショップ、DMなどを連携させることで、「顧客の顧客」が「いつでもどこでも好きなときに注文」することができ、また「好きなときに好きなところで好きなものを受け取る」ことができる、という体験を提供するものである。

オムニチャネルなど新しい取り組みを成功させるためには、社外との協業が不可欠である。その際、自社は何を行ない、他社に何を任せるのかを明確にする必要がある。また、顧客開発を商品・サービス開発とセットで行なうことも求められる。実際に商品・サービスを使う人を巻き込まないと、使われないものができてしまうというリスクを低減することはできない。

●Web時代のFFGS製システム・ソフトウェア

Web時代のビジネスでは、リスクを抑えるため実績のある製品・サービスを活用してスモールスタートを切ることが必要となる。FFGSでは、データベース組版によるワンソース-マルチユースの実績を元にしたWeb to Printのシステム構築の取り組みなどを通して、システム販売にとどまらない「課題解決の支援」を提供している。

小ロット多品種・可変印刷対応のB to B向けWeb to Printシステム『iAutolay Magic』は、2013年に市場導入され、現時点において40社で稼働している(パッケージ25社、機能提供・カスタマイズ15社)。iAutolay Magicは、名刺やダイレクトメール、クーポンチラシ、不動産チラシ、店舗ポスターなど、さまざまな顧客がWebを使うアプリケーションで活用されている。

『添文x-Magic』は、医薬品・医療機器・対外診断薬メーカーに対し、添付文書を作成する際の「スピード」「正確性」「平準化」「将来への備え」といったメリットを提供できるシステムで、現在およそ30社で使われている。ワンソース・マルチアウトのシステムで、「コンテンツ」と「見せ方」の分離を最も具現化している。

高品質・高速自動組版バリアブル印刷ソフト『Form Magic4』は、バーコード出力・イメージバリアブル機能・バリアブルグラフ機能・多様な面付けといった特徴を持つ。また、デジタル印刷機と組み合わせることで、カスタムメイドプリンティングで新たな価値を提案できる。このソフトは、DM、名刺、成績表、ナンバリングチケット、診断表、POP、賞状、個人帳票、カタログなどの多くのアプリケーション向けに活用されている。

Webポータルシステム『XMF Remote』は、Web環境さえあれば、誰でもどこでもいつでも簡単に「入稿」「校正」「検版」「承認」の仕事が可能になるシステムである。ある国内印刷会社では、XMF RemoteとノートPC、iPadの活用により、顧客先での仕事の進行を可能にしている。その結果、「営業の校正紙持ち帰り時間の削減」や「承認後のタイムリーな下版」などを実現している。

FFGSでは、既存のプリプレス領域に限定せず、個々のユーザーに最適なシステム構成の提案、運用サポートを含めたシステム相談に応じている。印刷工程・後工程のサポートのほか、ITやデータ処理を駆使した「印刷物の活用効果や課題の検証」など、クライアント企業の課題解決のためのソリューションをトータルに提供していく。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る