ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

page2015 FFGSセミナーレポート[3]

企業を強くする3つのソリューション

~営業を強くする、生産を強くする、財務を強くする~

2015年3月10日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

2月4日から6日にかけて開催された『page2015』において、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(社長:渥美守弘、以下FFGS)は、展示会場でのソリューション紹介に加え、「省資源」「Web to Print」「ワークフロー」に関するソリューションをより深く掘り下げて解説するFFGSセミナーを実施した。

本稿では、2月6日開催の「企業を強くする3つのソリューション ~営業を強くする、生産を強くする、財務を強くする~」の概要を紹介する。

[画像]

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
ワークフロー事業部 販売戦略部 部長代理 前田正樹

印刷市場を取り巻く環境は、印刷物出荷高の減少、原材料費や電力コストの上昇、紙媒体からデジタルメディアへの移行、マスからパーソナルというマーケティング手法の変化、環境問題への対応など、引き続き厳しい状況にある。こうした市場環境において印刷会社が強くなるためには、「製造業」「ソリューションプロバイダー」という2つのポジションを再確認する必要がある。

本セミナーでは、これら2つのポジションを踏まえ、企業の体質強化を実現するソリューションを、製造基盤強化・営業強化・顧客価値提供の3つの観点から紹介する。併せて、これらのソリューションの核となる『XMF V6.1』で採用した、アドビシステムズ社の最新技術である「Adobe PDF Print Engine 3」(APPE3)および「Mercury RIPアーキテクチャ」の特長についても解説する。

●製造基盤強化ソリューション

印刷会社が製造基盤を強化するためには、「固定費・変動費の削減」「生産効率向上」「経営の見える化」といった取り組みが求められる。こうした取り組みにおいては、生産フローの中枢にあるワークフローシステムが大きな役割を果たす。

『FUJIFILM WORKFLOW XMF』(以下XMF)は、RIP数(ワークステーションの数)を削減する「ダウンサイジング」を通じて、維持管理費やバージョンアップ費などの固定費の削減を実現する。これは、演算処理効率を大幅に高めるAdobe社の新技術「Mercury RIPアーキテクチャ」をベースにした『XMF V6.1』により可能となった。また、標準搭載のインキ削減機能やCMS・リモートプルーフ・ソフトプルーフを活用することで、変動費の削減も図ることができる。

XMFはまた、生産効率向上にも大きく貢献する。Mercury RIPアーキテクチャによるCPUの稼働率向上に加えて、「JOBテンプレートを活用した工程の自動化」「サーバ/クライアント機能を活用した複数人による作業分担」などが実現するためである。

「経営の見える化」は、FFGSが現在最も力を入れている分野であるが、これは、XMFとMISの連携強化を進めることで実現する。仕事の処理にかかった時間や材料使用量といった生産情報を、XMFからMISにフィードバックすることで、ジョブごとの利益を把握できる。

ここで、MISとWebポータルシステム『XMF Remote』を組み合わせて活用している海外の印刷会社の事例を紹介する。この会社では、仕事を受注後、MISにジョブを登録した段階で、ジョブパラメータがセットされた作業フォルダが自動的に生成される仕組みを構築・運用している。作業フォルダは『XMF Remote』上で公開しており、クライアントはそのフォルダにPDFをアップロード、あるいはオンライン校正・検版・承認を行なう。クライアントが承認すると、XMFでジョブパラメータがすでにセットされているので、そのままCTP出力やPOD出力が可能な状態となっている。

直前まで印刷機が決まっていない、あるいは直前で印刷機が変更になるといった場合には、XMFのストリーム切替えが役立つ。この機能により、印刷機に合ったプレートや面付けパターンが自動的に選択される。

XMFは、生産設備の中核、センターRIPシステムとして、製造基盤強化のためのソリューションを提供する。

●営業強化ソリューション

Webポータルシステム『XMF Remote』は、インターネット環境さえあれば、どこでも誰でもデータ入稿・校正・検版・承認などの作業が行なえるシステムで、印刷会社の売上拡大に貢献する。

国内のある印刷会社では、XMF Remote・ノートPC・iPhoneを組み合わせたモバイル営業を実践している。営業が校正紙とノートPC、iPhoneを持って顧客を訪問。修正がある場合にはその場でXMF Remoteから現場に指示を出す。承認が下りた場合には、画面上の校了ボタンを押すことで、即座に下版することができる。

また、XMF Remoteの「JOBテンプレートを活用した印刷ジョブ発行機能」により、営業はジョブの進行に必要な作業を外出先から行なうことができる。これは、トータルのジョブ処理時間を短縮し、営業と顧客との接点の増加をもたらすほか、プリプレスオペレータの負荷の大幅な低減にもつながる。

XMF Remoteでは、ジョブの進捗管理も、外出先からノートPCやiPadで行なえる。また、Web to Printシステム『iAutolay Magic』の在庫管理機能を併せて活用することで、印刷物の在庫状況を顧客に伝えて発注を促進するという提案も可能となる。

●顧客価値提供ソリューション

ここでは、「Working Placeの提供」「発注者への簡便な発注方法の提供」「マーケティングスタイルの変革の提供」という3つの顧客価値提供の例を紹介する。

Working Place提供型は、XMF Remote上、すなわちインターネット上に、顧客が仕事をするための場所を解放・提供するソリューションである。印刷会社がXMF Remote上にジョブを登録しておくと、顧客側の編集担当者、デザイナー、校了責任者は、どこにいても、インターネット上で効率的に作業を進めることができる。事業担当者・編集担当者が最終的に承認・校了ボタンを押すと、ファイルはXMF内にRIP済みデータとして保存される。

2番目の「発注者への簡便な発注方法の提供」を実現するのは、Web to Printシステム『iAutolay Magic』である。このシステムを使えば、DTPの知識を持たない顧客でも、インターネットブラウザ上で簡単に画像の差し替えや文字の変更、印刷物の発注が行なえる。そのため、地域ごと・店舗ごとにカスタマイズした印刷物も、必要なタイミングで素早く作成・発注できる。また、顧客が使いやすいようアレンジした専用ポータルサイトを提供することもできる。

そして3番目は、マーケティングスタイルの変革の提供。昨今、企業のマーケティングにおいては、パーソナルコミュニケーションのための印刷物のニーズが高まっている。こうした中で印刷会社は、XMFとPODを連携させることにより、顧客企業のマーケティングスタイルの変革に貢献することができる。ここでは、Web連携・バリアブル印刷・超短納期印刷・カスタマイズ印刷など、デジタル印刷の多様な活用により、従来とは違う次元の付加価値や生産性を実現することがキーとなる。

●Adobe社の最新演算技術:APPE3・Mercury RIPアーキテクチャ

ここまで紹介した3つのソリューションを実現するためには、Adobe社が2013年に発表した最新技術APPE3、そしてAPPE3に採用されている新しいスケーラビリティフレームワークであるMercuryテクノロジーが不可欠である。

Mercury RIPアーキテクチャは、バリアブル印刷のような大量のデジタルプロダクション印刷におけるスピード要求を満たすために開発した技術である。生産効率化の最大のキーポイントは、複数ページの並列処理を可能にした点である。

Adobe社のシニアプロジェクトマネージャー、Mark Lewiecki氏によれば、Mercury RIPアーキテクチャは、プリントエンジンの複数のインスタンスを同時に管理実行するフレームワークである。これにより、デジタルプレスでグラフィックリッチなバリアブルコンテンツを印刷することが可能になった(バリアブル印刷用に最適化されたPDF/VTのサポートも含まれる)。

パーソナライズされたバリアブル印刷のコンテンツは、それを受け取る消費者にとっては、より興味のある関連性の高いものであるため、発信する企業にとっては高い反応率や売上の増加につながる。また、商品カタログなどは、消費者の関心に合致した内容になっていれば、現在ほど分厚いものである必要はない。内容を絞り込み、ボリュームを減らすことで、印刷や郵送の費用削減も実現する。

このように、Mercury RIPアーキテクチャは、売上の増加やコストの削減によって、バリアブル印刷の投資利益率を高めることができる。これは、企業のマーケティング担当役員(CMO)にとって非常に重要なメリットである。

●XMFの今後

FFGSでは、デジタル印刷の市場は今後さらに伸びると考えており、ワークフローを通じてこの分野の取り組みを支援していく方針である。たとえば、PODのFA(ファクトリーオートメーション)化によりミス・ロスをなくすことで、小ロットジョブの生産効率化を実現する。

また、Web入稿もさらに増加することが見込まれるため、その対応強化も進める。Web入稿をJOBテンプレートと組み合わせることで、「入稿されたら印刷まで自動で一貫処理できる仕組み」を構築することができる。これを遠隔地のリモート印刷と組み合わせると、配送費用削減や納期短縮につなげることができる。

さらに、複数台のデジタルプレスの負荷バランスの最適化、オンデマンドパッケージ分野への対応強化にも取り組む。とくに、オンデマンドパッケージは企業の販促効果を高める重要なファクターであることから、『PHOENIX』というパッケージ向け印刷用レイアウトソフトウェアのリリースも準備している。

「経営の見える化」は、非常に大きなテーマであるとFFGSは捉えている。印刷会社が強くなるためには、生産効率向上や自動化が本当に利益につながっているかをウォッチする必要がある。XMFとMISの連携をより強化することで、ジョブコスト・材料コスト・時間コストなどを正確に把握できるようにする。

また、仕組みづくりや自動化に加えて、高い印刷品質を保持することも重要である。FFGSでは、印刷品質維持の重要な要素であるカラーマネージメントのより簡便な管理・運用を実現するために、クラウドベースのカラーマネージメントソリューション『XMF ColorPath』を近日リリースする計画である。

FFGSは今後、「PODとのさらなる連携」「経営の見える化」「クラウドベースのカラーマネージメントソリューション」を強化することで、XMFをさらに“パワフルなセンターRIP”へと進化させていく。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る