ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

page2015で注目集めた新ソリューション

Adobe Mercury RIPアーキテクチャ採用のハイブリッドワークフロー『XMF V6.1』

並行処理による圧倒的な生産性に大きな反響

2015年3月10日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

2月4日から6日まで東京・池袋で開催された『page2015』の富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(FFGS)ブースにおいて、最も注目を集めた新製品の一つが、ハイブリッドワークフローシステム『XMF V6.1』だ。XMFは2007年9月の販売開始以来、世界で5,000台以上、国内で1,600台以上の導入実績を誇る。最新版のV6.1は、Adobe社の高速演算技術「Mercury RIPアーキテクチャ」の採用により、従来の数倍におよぶ演算処理能力を実現し、ワークフローの変革に大きく貢献するシステムとなっている。page2015では、その圧倒的な生産性と具体的なメリットを、実機展示およびプレゼンテーション、セミナーによって余すところなく紹介した。

[画像]

page2015 FFGSブースにて、Adobe社・Mark Lewiecki氏(右)とFFGS代表取締役会長・吉田 整

[画像]

XMF V6.1の実演を行なったpage2015 ワークフローコーナー

セミナーでもXMFの優位性を解説


●2013年にMercury RIPアーキテクチャを世界初採用

XMFは、2013年リリースのV5.5で、世界で初めてレンダリングコアにMercury RIPアーキテクチャを採用。デジタル印刷における処理スピードを大幅に高め、バリアブル印刷もより効率的に行なえるようになった。Mercury RIPアーキテクチャは、「デジタル印刷機での大量ページ物出力・バリアブルデータ出力の生産性向上」を主眼において開発された技術で、分散多層キャッシュ機能・ダイレクトロードバランシング機能により、ハードウェアの性能を最大限に引き出し、複数ページの演算を並行処理することができる。この技術の採用により、XMF V5.5では、『Jet Press 720』などのデジタル印刷機を、より柔軟に、より効率的に活用することが可能になった。

ただ、実際のXMFの運用形態を見ると、とくに日本においては、CTP+オフセット印刷とデジタル印刷とが混在するフローが非常に多い。そこで、富士フイルムでは、こうしたハイブリッド運用でもMercury RIPアーキテクチャのメリットを最大限に活かせるよう、独自の技術で最適化を図り、「複数ページの並行処理」に加え、「複数ジョブの並行処理」も可能にした。それが最新版の『XMF V6.1』である。

●CTPセッター5台分のRIP処理を1台でこなす

XMF V6.1は、Mercury RIPアーキテクチャをベースとした「ジョブの並行処理」により、従来比2~10倍の圧倒的な演算処理能力を実現している。しかも、単に処理スピードが速いだけではなく、ジョブの内容に応じて優先順位をつけ、それぞれの処理に配分するリソースの割合を柔軟に調整することもできる。たとえば、クライアントから『XMF Remote』経由で実行されるプレビューやリモート校正を優先処理する設定では、リモート校正にCPUの80%を充て、残りの20%で出力ジョブを処理するといったリソース配分が可能。優先順位の設定は、状況に応じて変更することができる。

さらに、XMF V6.1は、設備の稼働率アップにも大きく貢献する。CTPやプルーファー、デジタル印刷機への出力ジョブが重なった場合でも、“処理待ち時間”が最小限に抑えられ、各出力機をムダなく有効に運用することが可能。また、CTPセッター(67版機)5台分のRIP処理を1台のXMFでこなせるため、出力機に対するRIPの台数を大幅に減らすことができ、管理の手間やコストが削減できるだけでなく、出力機間の演算一致性をつねに確保することも可能になる。

●Adobe・富士フイルム両社の技術の相乗で革新的メリットを提供

XMF V6.1は、Adobe社の高度なレンダリング技術と富士フイルム独自のソフトウェア技術の相乗によって、ワークフローにこれまでにない生産性をもたらし、デジタル印刷機をはじめとするさまざまなデバイスの効率的・戦略的な活用を可能にする。

Adobe社のシニアプロダクトマネージャー、Mark Lewiecki氏は、両社の協業によって実現したXMF V6.1のメリットについて、次のように述べている。
「富士フイルムが、Adobe PDF Print Engine技術をベースにXMFを開発し続けてきていることを嬉しく思います。Mercury RIPアーキテクチャは、Adobe PDF Print Engineのさまざまなインスタンスを並行処理できる、拡張可能なプラットフォームです。Mercury RIPアーキテクチャでは、Adobe PDF Print Engineの複数インスタンスを集約し、負荷分散を行なうことで、CPUのマルチコアを活用します。つまり、非常に大容量のジョブでも、ページごとに、各コアで1ページずつ処理することができます。富士フイルムのお客さまが、Adobe PDF Print Engine 3およびMercury RIPアーキテクチャをベースとするXMFをご利用いただくことで、革新的な生産性を実感してくださると確信しています」

富士フイルムは今後も、ワークフローの中枢を担うXMFのさらなる機能強化に取り組み、ユーザーの企業価値アップ、ビジネス拡大に貢献していく。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る