ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

東南アジア初の「Onset R40i」を
タイのサイン印刷大手Inspire Image社に導入

2015年3月31日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

20世紀末から急速な経済成長をとげた東南アジアでは、高速道路脇の屋外広告だけでなく、市内至るところに大型の屋外広告が健在する。また、ショッピングモールでののぼり広告やPOPなど、小ロット・短納期用途で週ごとに広告を刷新する需要が多い。それを受け、東南アジア全体でのワイドフォーマットUVインクジェットプリンターへのニーズは高まってきている。

平成26年12月、タイのサイン印刷大手Inspire Image社に、英Inca社製で富士フイルムが販売するUVインクジェットシステム「Onset R40i」(日本国内未発売)が導入された。「Onset」シリーズが東南アジアに導入された初のケースとなる。

Inspire Image社はタイのサイン印刷大手5社の1社で、看板や販促媒体を中心に手掛けており、有名化粧品ブランドや現地飲食チェーンなど幅広い企業を主要顧客としている。また、今後はパッケージ印刷への参入も予定している。

タイではサイン印刷市場の成長が続く一方、中小印刷会社の淘汰も進んでおり、大手5社間の競争が激化している。Inspire Image社では他社機との慎重な比較検討の末、「Onset R40i」を選択した。

Inspire Image社にとって「Onset R40i」導入の決め手となったのは、圧倒的な生産性と高い印刷品質、そしてサービス費用、単位面積あたりのインク使用量などを勘案した総合的な投資対効果である。また、FUJIFILM (Thailand) Ltd.からの手厚いサポート体制へも大きく期待されている。
なお、富士フイルムの東南アジアの地域本社であるFUJIFILM Asia Pacific Pte Ltd(FFAP)では、タイおよび東南アジア全域でワイドフォーマットプリンターの販売を強化していくため、バンコクの国際空港近郊にデモセンターを建設中。今年5月初旬のオープン時には「Onset R40iLT」のほか、「Acuity」シリーズの設置を予定しており、ワイドフォーマットプリンターの幅広いラインアップをアピールしていく計画だ。

Onsetとは、Inca Digital社製の最高725m2/時の高生産性、高品質を特徴とするハイエンドUVフラットベット機で欧米を中心に販売(日本は未発売)。大型の屋外広告や店内POPをメインのアプリケーションとし、2007年に販売以降、これまでに生産性を重視したSシリーズ、品質を重視したQシリーズ、そして両シリーズの特徴を兼ね備えたRシリーズなど幅広いラインアップを揃えている。

[画像]

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る