ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

『JP2015 情報・印刷産業展』に出展

『FUJIFILM SUPERIA』による“利益直結の省資源効果”を事例とともに紹介

2015年4月21日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:渥美守弘、以下FFGS)は、5月14日(木)から16日(土)までインテックス大阪にて開催される『JP2015情報・印刷産業展』に、富士フイルムデジタルプレス株式会社と共同で出展し、4月7日にワールドワイドで発表した富士フイルムCTPシステムの新ブランド『FUJIFILM SUPERIA』を中心に、ワークフローシステム、デジタルプレス、パッケージソリューションなどの幅広いソリューションを、活用事例やサンプルなども交えながら紹介します。

厳しい市場環境が続き、企業の真の経営力が問われている現在、印刷会社がしっかりと利益を出し続けていくためには、どんな戦略が必要なのか。その一つの答えとして、富士フイルムは、4月に開催された『PRINT CHINA2015』で、世界共通の省資源ソリューション『FUJIFILM SUPERIA』を発表しました。JP2015では、同ソリューションのコンセプトや“利益に直結する省資源効果”について、国内で先行して成果を挙げているお客さまの事例を交えながら紹介します。

『FUJIFILM SUPERIA』は、富士フイルムのコーポレートスローガン『Value fromInnovation』に基づき、これまで追求してきた「安定した高品質・優れた環境性」という価値に加え、オフセット印刷業界向けに「確実な収益性アップ」という切り口で新たな価値を提供するソリューションです。そのメインコンセプトは、「省材料」「省工数」「省エネルギー」「省排出」「省ウォーター」という体系的な省資源を、環境対応のみならず、より戦略的な視点でとらえ、「目に見える利益」に還元していくこと。それによって、企業の経営基盤を強化していくことです。サーマルCTPから、湿し水・印刷関連薬品、ソフトウェア、コンサルティングに至るまで、富士フイルムならではの幅広い製品群・ノウハウを結集し、「もっと儲かる印刷」を実現していきます。

『FUJIFILM SUPERIA』はCTPシステムを主軸としたソリューションですが、JP2015ではこのほかにも、Adobe社の高速演算技術「Mercury RIPアーキテクチャ」を採用し生産性を劇的に高めたワークフローシステム『XMF V6.1』や、カラーPODの最新スタンダード機『富士ゼロックス Versant™ 2100 Press』、環境性に優れたフレキソ製版システム『FLENEX』、パッケージ印刷用レイアウトソフト『PHOENIX』など、数々の新製品を出展。プレゼンテーションやサンプル展示も交え、具体的な導入メリットをわかりやすく紹介します。

なお、会期中5月15日(金)には、JP主催の特別セミナー『JPワンデイマーケティング講座』において、『「情報ロジスティックス」の変革者としての「印刷」』と題した基調講演を行ないます。

【ソリューション別の主な出展製品】

■富士フイルムCTPシステム

CTP版材、CTP処理システムのほか、印刷関連薬品、ソフトウェア、コンサルティングなどを含めた多様な製品の相乗効果によって“利益に直結する省資源”を実現する、新発想のソリューションです。

  • FUJIFILM SUPERIA [NEW]

[ロゴ]FUJIFILM SUPERIA

■ワークフローソリューション

[ロゴ]FUJIFILM WORKFLOW xmf

Adobe社の高速演算技術「Mercury RIPアーキテクチャ」の搭載により圧倒的な生産性を実現した『XMF V6.1』を軸に、『XMF Remote』や『iAutolay Magic』なども組み合わせながら、戦略的なワークフローの構築例を紹介します。


  • 次世代ハイブリッドワークフローシステム FUJIFILM WORKFLOW XMF V6.1 [NEW]
  • Webポータルシステム XMF Remote R10.1 [NEW]
  • クラウドベースカラーマネージメントシステム XMF ColorPath 〈参考出品〉
  • オンラインテンプレートパブリッシング iAutolay Magic
  • パッケージ向け印刷用レイアウトソフトウェア PHOENIX [NEW]
  • ファインジェットプルーファー PRIMOJET SOFT-XG 〈パネル・サンプル展示〉

■デジタルプレスソリューション

カラーPODの最新スタンダード機『富士ゼロックス Versant™ 2100 Press』を核に、自動組版から出力、後加工までの一貫したPODワークフローを、実践的な出力デモやサンプル展示などをとおして提案します。

[写真]カラー・オンデマンド・パブリッシングシステム 富士ゼロックスVersant™ 2100 Press

  • バリアブル印刷ソフト Form Magic4
  • カラー・オンデマンド・パブリッシングシステム
    富士ゼロックスVersant™ 2100 Press [NEW]
  • 次世代インクジェットデジタル印刷機
    Jet Pressシリーズ 〈パネル・サンプル展示〉

■パッケージソリューション

昨年から市場導入を開始したフレキソ製版システム『FLENEX』シリーズを中心に、着々と拡充が進むパッケージソリューションの最新ラインアップを、多彩な制作サンプルとともに紹介します。

  • フレキソ製版システム FLENEX SYSTEM [NEW] 〈パネル・サンプル展示〉

■ワイドフォーマットソリューション

[写真]カワイドフォーマットLED UVインクジェットプリンター Acuity LED 1600

大判ポスターやバナー、バックリット、POPなどの多様なツールの製作を一台でこなせる即戦力機『Acuity LED 1600』の実機デモを行なうほか、ハイエンド機『LuxelJetシリーズ』の出力サンプルも展示し、高付加価値戦略に貢献する卓越した画質・表現力を紹介します。

  • ワイドフォーマットLED UVインクジェットプリンター
    Acuity LED 1600
  • ワイドフォーマットUVインクジェットプレス
    LuxelJetシリーズ 〈パネル・サンプル展示〉

【JPワンデイマーケティング講座】

市場を創りだす印刷マーケティングの在り方や、販促活動における印刷の役割について考察するJP主催の特別セミナー『JPワンデイマーケティング講座』に参加し、基調講演を行ないます。

テーマ「情報ロジスティックス」の変革者としての「印刷」
内容企業の販促活動においては、「必要な情報を」「必要な時に」「必要な量を」「必要な場所(人)に」届けることが求められています。こうした中で、印刷会社はどのようにしてサプライチェーンに入り込むことができるのか? ITを活用して取り組まれている先進的な事例をご紹介します。
講師富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
シンプルプロダクツ事業部 事業部長 渡邊 泉
日時5月15日(金) 14:00~15:00
会場インテックス大阪 6号館2階 Fルーム
定員100名
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る