ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

新世代の完全無処理サーマルCTPプレート『SUPERIA ZP』発売

機上現像性・印刷安定性がさらに向上、より素早い立ち上がりが可能に

2015年5月14日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

[ロゴ]FUJIFILM SUPERIA

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:渥美 守弘、以下FFGS)は、オフセット分野向け省資源ソリューション『FUJIFILM SUPERIA』の新ラインアップとして、完全無処理サーマルCTPプレート『SUPERIA ZP』を平成27年5月14日より発売いたします。本製品は、富士フイルムの最新のプレート技術を複合的に投入し、従来の完全無処理サーマルCTPプレート『XZ-R』の機上現像性・印刷安定性を一段と高めているのが特長です。今後、品質・生産性・環境性・安定性・経済性を高レベルで兼ね備えた“オフセット用CTPの究極形”として、ワールドワイドへ販売を拡げていきます。


昨今、商業・出版印刷の分野では、小ロット・短納期への要望がますます高まっており、品質向上や環境対応と同時にこうしたニーズにこたえていくには、工程間のロスを極力排除し、CTPから印刷へ、印刷から加工へと、いかにスムーズにジョブを流していけるかが、一つの重要なポイントになります。

[図]完全無処理CTP

富士フイルムの完全無処理プレートは、処理システムが一切不要になることによる工程短縮効果に加え、印刷立ち上がりの早さにおいても、お客さまから高い評価をいただいており、すでに世界3,000社以上の導入実績を有しています。今回新たに発売する『SUPERIA ZP』は、ET-S、ET-SH、XZ-Rに続く第4世代の無処理プレートで、定評ある立ち上がり性能がさらに高まるとともに、刷りやすさ・汚れにくさなどの印刷安定性が一段と向上。完全無処理ならではの全方位的な省資源効果と、優れた瞬発力・品質性能を同時に実現しました。


◎新技術の採用により迅速な印刷立ち上がりと抜群の刷りやすさを実現、省資源効果がさらにレベルアップ

『SUPERIA ZP 』では、独自の支持体表面処理技術「MGV(MULTIGRAIN V)」に加え、新開発の「s-HDS(super Hydro Discrimination Surface)技術」の採用により非画像部界面の保水性能を最適化することで、さらなる汚れにくさ、水幅の拡大を実現。この新技術と、XZ-Rで実績のある「RSS技術」、「FPD技術」との相乗効果により、一段と高い機上現像性・印刷安定性を発揮し、下記のメリットを提供します。

(1) 親水性の向上により、ブランケット胴や圧胴へのインキ汚れ堆積を抑制。日常のメンテナンス作業負荷が軽減され、省工数が実現。

(2) 汚れにくくなることで水幅が拡大し、より水を絞った印刷が可能に。インキの過乳化を抑制し、品質の安定化、損紙の低減(省資源)に寄与。

(3) より安定した、スピーディーな機上現像が実現。印刷条件に左右されず、つねに素早い立ち上がりが可能になり、印刷時間がさらに短縮(省工数)、刷り出し損紙も削減(省材料)。

[図]

“5つの省資源”すべてに寄与

すでに実績のあるXZ-Rと同様、アルカリ現像やガム処理などの処理工程が一切不要という正真正銘の「完全無処理」を実現。現像工程がなくなることで、それに関わる資材もエネルギーも不要になり、機器メンテナンスの工数も削減され、現像廃液や水の使用量もゼロに。FFGSが提唱する“5つの省資源”すべてに寄与します。すなわち、「省材料」(用紙や薬品などの資材の削減)、「省工数」(工程短縮・時間短縮による短納期対応)、「省エネルギー」(電気やガスの使用量削減)、「省排出」(薬品廃液やVOCなどの排出量削減)、「省ウォーター」(水使用量の削減)という全方位的な省資源効果が得られます。

FFGSは今後も、印刷製版機材のリーディングカンパニーとして、CTPシステムから印刷薬品、デジタルプレス、パッケージソリューション、ワークフローシステムに至るまで、多様な印刷関連商品群をワールドワイドで提供し、印刷業界の発展に貢献してまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る