ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

ハイブリッドワークフローシステム『XMF』5,000台目を北米大手印刷会社に納入

Mercury RIPアーキテクチャによる圧倒的な生産性に高評価

2015年6月4日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

2007年の発売以来、優れた効率性・安定性などで高い評価を得ている富士フイルムのハイブリッドワークフローシステム『XMF』が、このほど、世界累計販売台数5,000台を達成した。

5,000台目が導入されたのは、アメリカの印刷会社、Christmas City Printing社。同社は、1981年にレタープレス、グリーティングカード、招待状、名刺の印刷所として創業した同社は、急速に大手総合商業印刷会社へと変貌を遂げた。

Christmas City Printing社のバイスプレジデントChris Sicinski氏は、次のように語っている。「XMFの導入により、当社のこれまでのワークフローと比べて10倍の効率化を達成できました。面付けが統合され、顧客(ユーザー)の制限がなくなり、さらに3Dプルーフ機能が搭載されたことで、より迅速にジョブをこなせるようになり、お客さまにもとても喜んでいただけるようになりました」

XMFの最新バージョンV6.1は、Adobe社の高速レンダリング技術「Mercury RIPアーキテクチャ」をベースとした「ジョブの並行処理」により、従来比2~10倍の圧倒的な演算処理能力を実現。プリプレスの生産性向上に大きく寄与している。たとえば、CTPやプルーファー、デジタル印刷機への出力ジョブが重なった場合でも、“処理待ち時間”が最小限に抑えられ、各出力機をムダなく有効に運用することが可能。また、CTPセッター(67版機)複数台のRIP処理を1台のXMFでこなせるため、出力機に対するRIPの台数を大幅に減らすことができ、管理の手間やコストが削減できるだけでなく、出力機間の演算一致性をつねに確保することも可能になる。

また、Webポータルシステム『XMF Remote』は、時間や距離の制約なしに校正・承認作業を進行できるオンライン校正機能や、作業の進行状況を“見える化”できる進捗管理機能などにより、クライアントや協力会社とのコミュニケーション、部門間・拠点間のやり取りを大幅に効率化することができる。最新のR10.1では、HTML5に完全対応し、タブレット端末も含めた幅広い環境で活用可能になっている。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社のワークフロー事業部長・辻重紀は、「XMFは、高度な自動化機能や多彩なリモート機能などによって、生産現場にも、コミュニケーション環境にも、大きな変革効果をもたらすワークフローシステムです。その“変革力”が世界市場で受け入れられていることを、大変うれしく思っています」と述べている。

富士フイルムでは、今後もXMFのさらなる機能強化に取り組むとともに、ワークフローソリューションのいっそうの拡充を図り、ユーザーのビジネス拡大・企業成長に貢献していく。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る