ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

『JANPS2015 新聞製作技術展』に出展

待望の新聞用完全無処理CTPプレートを初公開。先進の省資源ソリューションを一堂に。

2015年6月29日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:渥美 守弘、以下FFGS)は、7月22日(水)から24日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて開催される『JANPS2015 新聞製作技術展』に出展します。

今回のJANPSで最大の見どころは、国内初となる新聞用完全無処理CTPプレートです。富士フイルムは、今年4月、オフセット印刷分野における省資源ソリューションとして、世界共通の新ブランド『FUJIFILM SUPERIA』を発表しました。FFGSブースでは、『FUJIFILM SUPERIA』の新聞向けラインアップとして、画期的な新聞用完全無処理CTPプレートをメインに、同じく“新聞向けSUPERIA”の一翼を担っている有処理CTPに関する最新情報も交えながら、「環境負荷低減」「生産性向上」など、現場にもたらされる多様なメリットをわかりやすくお伝えします。

このほかにも、ワークフローシステム『XMF』『XMF Remote』を核とした紙面入稿システムや、磁気テープを活用したデータアーカイブソリューション『d:ternity』(ディターニティ)など、新聞製作の効率化に貢献する実戦的なソリューションをご紹介します。

なお、会期初日の7月22日(水)には、会場内のセミナーゾーンにおいて、新聞用完全無処理CTPプレートに投入された新技術や、無処理化による具体的な省資源効果について具体的にお伝えします。

【主な出展製品】

■富士フイルムCTPシステム『SUPERIA』

初登場となる新聞用完全無処理CTPプレートは、商業印刷分野で高く評価されている無処理プレート『SUPERIA ZP』の界面制御技術と、新聞分野で実績がある有処理ネガプレート『HN-NV』の根幹技術を高次元に融合させることで、新聞印刷に求められる「高耐刷」「高安定」を両立させながら、ガム現像などを一切必要としない「完全無処理」を実現しているのが特長。会場では、多面的な省資源効果とともに、優れた品質性能についても、印刷サンプルを通じて体感していただきます。

  • 新聞用完全無処理サーマルCTPプレート [NEW]
  • ● 新聞用サーマルネガCTPプレート SUPERIA HN-NV
  • ● 環境対応型サーマルプレートプロセサー SUPERIA XP-1310 NEWS
  • ● 新聞用自動現像機ロングライフキット SUPERIA LL-6KIT
  • ● 現像廃液削減装置 SUPERIA XRシリーズ

[ロゴ]FUJIFILM SUPERIA

■紙面入稿システム

高速性・安定性、そして使いやすさに定評のあるワークフローシステム『XMF V6.1』を核に、Webポータルシステム『XMF Remote』やPODなどを連携させた新発想の紙面入稿システム。実際の活用事例を交えてご紹介します。

  • ● 次世代ハイブリッドワークフローシステム FUJIFILM WORKFLOW XMF V6.1

    [ロゴ]FUJIFILM WORKFLOW xmf

  • ● Webポータルシステム XMF Remote R10.1
  • ● オンラインテンプレートパブリッシング iAutolay Magic
  • ● バリアブル印刷ソフト Form Magic4
  • ● カラー・オンデマンド・パブリッシングシステム 富士ゼロックス Versant™ 2100 Press

[写真]カラー・オンデマンド・パブリッシングシステム 富士ゼロックスVersant™ 2100 Press

■データアーカイブソリューション

蓄積し続ける情報資産を、長期にわたっていかに効率よく、安全に保管し、有効活用するか。そんな社会的課題に応えるため、富士フイルムは、いま再び注目を集めている「磁気テープ」を活用した大容量・高信頼のデータアーカイブソリューションを提案します。

  • ● 富士フイルムテープストレージソリューション d:ternity(ディターニティ) [NEW]

[ロゴ]富士フイルムテープストレージソリューション d:ternity(ディターニティ)

【FFGSセミナーの概要】

テーマ ついに登場!国内初、新聞用完全無処理CTPプレート
~新聞社の最新ニーズに応える“究極の省資源ソリューション”
内容 「現像処理機のメンテナンスや薬品の管理からの解放」「トータルコストの削減」「環境配慮」といった観点で待望されていた、新聞用完全無処理CTPプレート。この先進の無処理プレートに投入された新技術をご紹介するほか、『FUJIFILM SUPERIA』の新たな中核製品としてみなさまにご提供する「省資源効果」について、事例なども交えながら具体的にお伝えします。
講師 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
吉田南工場 生産開発センター 研究担当部長 西川 博史
日時 7月22日(水) 12:45~13:30
会場 セミナーゾーンA
定員 100名
お申込み先 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
JANPS2015 FFGSセミナー事務局 TEL:03-6419-0421

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る