ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルム、米・シカゴで
『インクジェット・テクノロジー・サミット』開催

商印・パッケージ分野から多数来場、実践的な情報提供の場に

2015年10月8日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(以下、FFGS)は、8月4日から6日にかけて、アメリカのシカゴ・テクノロジー・センターにおいて、最新のインクジェットソリューションを紹介する『インクジェット・テクノロジー・サミット』を開催した。

とくに注目を集めたのは、オフセット品質の枚葉型B2インクジェットデジタル印刷機『J Press 720S』(日本名:Jet Press 720S)および輪転タイプの『J Press 540W』(日本未発売)の実践的なデモンストレーションだった。

来場者の一人、Premier Graphics社(アリゾナ州フェニックス)のフランク・ウッズCEOは、「革新的な製品のデモを間近で見ることができ、とてもよい経験になった。私はこれまで長年にわたって商業印刷に携わってきたが、『J Press』は非常に大きな可能性を感じる製品だ」と感想を述べた。

[写真]

■『J Press』の革新性に大きな反響

「枚葉タイプのインクジェットデジタル印刷機」という新たなジャンルを打ち立てた『J Press 720S』は、オフセット枚葉機と同様の「用紙搬送機構」や、幅広い印刷標準用紙に対応できる「プレコンディショナー塗布ユニット」に加え、数々の独自機構を採用している。

たとえば、高生産性を保ちながら、つねに正確なバリアブル印刷を可能にする「バーコードシステム」。一貫した高品質を実現するために、全シートの絵柄を読み取りプリントヘッドノズルを自動調整する「インラインセンサー(ILS)」。さらに、IRヒーター内蔵の「改良型乾燥システム」、印刷物を後加工に回せる「ホットエアナイフ」などである。

『J Press 720S』は、印刷ビジネスに革命をもたらすソリューションとして期待を集めている。29.5×20.8インチの用紙の場合、出力スピードは1時間あたり最高2,700枚。しかも、この最高速度でバリアブル印刷も行なえる。高い品質と安定性を維持しながら、小ロット多品種ニーズに効率よく対応するには最適なソリューションである。シングルパス式の4色インクジェット印刷機に、『VIVIDIA 水性顔料インク』と『Samba™ プリントヘッド』、さらに、独自のFMスクリーニングと、クラウドベースのカラーマネージメントシステムを統合したことにより、オフセット印刷に匹敵する品質をつねに一貫して発揮することが可能になっている。

商業印刷を手がけるDocumation社(ウィスコンシン州オークレール)のマーティン・アルスマ社長兼COOは、『J Press 720S』のデモンストレーションの印象について、こう述べている。

「当社では、『J Press 720S』に大いに関心を持っており、今回、実際の性能を確かめるために参加した。デモでは、あのような小さなドロップサイズで高品質なインクジェット出力を実現していることに感銘を受けた。これまでに見たことのない、画期的なシステムだ」

一方、『J Press 540W』は、これまでオフセット輪転機が用いられていた小ロット印刷を対象としており、カタログ、カレンダー、教材、マニュアル、オンデマンド書籍などの印刷に適している。なめらかな色調とシャープな文字再現による高画質を実現するために、『VIVIDIA インク』と独自のFMスクリーニング技術を組み合わせている。シングルタワー設計により、22×9フィートという非常にコンパクトな設置面積でありながら、最高416フィート/分での高速両面印刷が可能である。

■パネルディスカッションを通じて成功事例を共有

『インクジェット・テクノロジー・サミット』では、J Pressユーザーによるパネルディスカッションも開催。冒頭、「インクジェットへの移行-いつ、なぜ、どこで」と題し、InfoTrends社 オンデマンド印刷・出版グループ ディレクターのジム・ハミルトン氏がプレゼンテーションを行なった後、Gilson Graphics社(ミシガン州グランドラピッズ)のデイブ・ギルソン氏とトニー・ビーレッキー氏を迎え、『J Press 720S』や『J Press 540W』の活用戦略などについてパネルディスカッション形式で紹介し、実践的な情報を共有した。

FUJIFILM North America Corporation(FNAC)グラフィックシステム部門のプロダクトマーケティングマネージャー、エド・ピアスは、今回のイベントの成果について、こう述べている。

「業界のエキスパートであるInsight Forums社のエリザベス・グッディング氏とSchilling Inkjet Consulting社のメアリー・シリング氏の協力により、市場動向に関する最新の情報をお客さまに提供することができ、また、インクジェットデジタル印刷のリーディングカンパニーである富士フイルムの技術力も訴求することができた」

富士フイルムは今後も、ワールドワイドの市場動向を踏まえながら、ニーズに即したソリューションと、お客さまのビジネス拡大に貢献する最新情報を提供していく。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る