ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルム、全米最大のワイドフォーマット印刷見本市
『SGIA Expo 2015』に出展

『Inca Onset X』『Uvistar Hybrid 320』を世界初公開、各国からの来場者の注目集める

2015年12月3日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

FUJIFILM North America Corporation(以下FNAC)のグラフィックシステム部門は、11月4日から6日にかけて米国ジョージア州アトランタで開催された『SGIA Expo 2015』に出展し、ワイドフォーマットインクジェットの先進的なソリューションを紹介した。

『SGIA Expo』はワイドフォーマット分野における全米最大の見本市で、デジタル印刷やスクリーン印刷を支援する業界団体「SGIA」(The Specialty Graphic Imaging Association)が主催している。7回目の開催となる今回は、2009年の第1回以来最多となる2万3,000名以上を動員した。

富士フイルムは、「Now You Can Win More Work」(仕事はもっと勝ち取れる)をテーマに約465m2 のブースを展開し、『Inca Onset X』(*1) シリーズと『Uvistar Hybrid 320』(*2) (参考出品)という2つの世界初出展機種でライブデモを実施。米国、カナダはもちろん、メキシコや中南米、アフリカ、パキスタン、英国など、世界各地からの来場者でにぎわった。

[写真]

■初公開『Onset X』『Uvistar Hybrid 320』のライブデモに多くの来場者

来場者の関心はとりわけ、Inca社製の高品質フラットベッド印刷機『Onset X』シリーズのハイレベルな生産性能に集中した。『Onset X』はInca 社の先進的な「スケーラブル・アーキテクチャ」コンセプトの最進化形。FUJIFILM Dimatix社製プリントヘッドとFUJIFILM Speciality Ink Systems製UVインク『Uvijet』を最大14チャンネル組み合わせることで、求められる生産能力を実現する。拡張性の高い「スケーラブル・アーキテクチャ」の採用により、ユーザーは『Onset X』の生産性、色数、品質を目的に応じて組み合わせ、変化の激しい生産要件に柔軟に対応することができる。

3.2m幅のフラットベッドとロールプリンターを組み合わせた、もう一つの最新機種『Uvistar Hybrid 320』にも多くの来場者が集まり、195m2/時という生産スピードを間近で体感した。プリントヘッドはFUJIFILM Dimatix社製のものを採用、『Uvijet』と組み合わせることで、フルグレースケールを圧倒的な品質で出力。色域も一段と拡大し、より鮮やかな色再現が可能になった。

「富士フイルムは『SGIA Expo』を待ち望んでいました」と語るのは、FNACグラフィック部門のマーケティング担当副社長であるテリー・ミッチェルだ。
「ワイドフォーマットの新たな可能性に注目している来場者が多いので、『SGIA Expo』は、『Onset X』と『Uvistar Hybrid 320』という革新的な製品を披露するのに最もふさわしい場でした。『SGIA Expo』では、導入を真剣に検討されているお客さまとお話しすることができ、私たちにとっても非常に重要なイベントになりました」

■『Uvijet』インクとの組み合わせで可能性が広がる『Acuity』シリーズ

富士フイルムブースでは、即戦力タイプの最新LED-UV機『Acuity LED 1600II』の実演も披露。33m2/時の「高速モード」で、旧モデル比65%の高速化を達成しているのが特長で、多くの印刷事業者が、ワイドフォーマットへの新規参入、あるいは生産体制の拡張に最適だと評価している。

『Acuity』シリーズの中でも人気の高い『Acuity Advance Select』にも注目が集まった。『Acuity Advance Select』は、富士フイルムの最新UVインク『Uvijet KN』(*1) の持つ高い密着性と、広い色域を、最大限に引き出すことができる。ブースには、多彩な真空成型サンプルも展示し、真空成型加工品向けの高延伸インク『Uvijet KV』の幅広い活用方法を紹介した。

また、『Acuity F』(*1) は、最新のフラットベッドシステムを『Acuity』のプラットフォームに組み込んだ機種で、最新のAcuity F専用インクセット『Uvijet WH』(*1) にも対応する。最速155m2/時で圧倒的に高品質な印刷物を製作するデモンストレーションに、多くの来場者が注目していた。

多彩な出力サンプルを展示したブース壁面は、富士フイルムのワイドフォーマット出力機とUVインクの組み合わせによるクオリティの高さと活用範囲の広さを示すショーケースとなっており、来場者は、ホワイトインクやクリアインク、テクスチャ効果、真空成型ディスプレイなどの先進的な活用例を間近で確かめていた。

『Acuity』シリーズのマーケティング担当副部長であるヘザー・ローデンは、展示内容について次のように語っている。
「サイン・ディスプレイを手がけるお客さまは、業容を拡大していくため、独自のワイドフォーマットの活用法を模索しています。そこで私たちは、ワイドフォーマット出力機の性能だけでなく、さまざまな基材に使用できる『Uvijet』インクを組み合わせた、実践的なソリューションを紹介したいと考えました。サンプルを展示した壁面は、富士フイルムブースの中でも、とくに多くのお客さまが集まり、印刷品質や密着性能はもちろん、『Uvijet』インクのクリエイティブな可能性にも非常に高い関心が寄せられていました」

■生産性を飛躍的に高めるワークフローソリューションも実演

ワークフロー・ディスカバリー・エリアでは、ワイドフォーマット向けワークフローソリューションの最新技術動向を解説。とくに、富士フイルムの最新のワークフローシステムである『ColorGATE』(*3) と『Caldera』は、市場最速の処理速度をもたらす最新のAPPE(Adobe PDF Printing Engine)に対応しており、ワイドフォーマット出力の生産性を飛躍的に高めることができる。しかも、高機能な色管理エンジンにより、つねに一貫した色管理を行なうことが可能だ。

ワイドフォーマットソフトウェアおよびメディア部門のマーケティング担当副部長、コンドウ・カズは、このワークフローソリューションについて、次のように述べている。
「RIPの高速化により、出力時のボトルネックを解消してトータルの生産性を高めることができます。会場ではその効果を、デモンストレーションによってみなさまに体感していただいたのです。1台のRIPで、生産力を最適化すると同時に、複数のプラットフォーム間での色の統合管理も行なえることに、お客さまは非常に高い関心を示してくださいました」

今回の『SGIA Expo』を総括して、ミッチェル副社長は、「大きな手応えを感じた」とし、次のように語った。
「富士フイルムのワイドフォーマットソリューションが持つ多彩な機能は、多くのお客さまから高く評価され、『このような先進的なシステムの導入は、間違いなく受注拡大につながるだろう』という期待の声もたくさんいただきました」

富士フイルムは今後も、世界各地のニーズに即した革新的なソリューションを開発・提供し、お客さまのビジネス拡大に貢献していく。

  • *1 国内発売未定。
  • *2 来春海外で発売予定。国内発売は未定。
  • *3 国内では、「ColorGATE社製Prodction Server」として『Acuity LED 1600II』向けに販売。
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る