ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

IGAS2015 FFGSセミナーレポート
ITを活用した工程変革~クライアント付加価値をいかにして生み出すか~

2015年12月7日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

9月11日から16日にかけて開催された『IGAS2015』において、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(代表取締役社長:真茅 久則、以下FFGS)が開講したFFGSセミナーのうち、本稿では、9月11日開催の「ITを活用した工程変革 ~クライアント付加価値をいかにして生み出すか~」の概要を紹介する。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
ワークフロー事業部 佐々木健至

[写真][写真]

プリプレス・ワークフロー製品の開発・提供に取り組む中で、プリプレス部門の役割が印刷会社の中で変化しつつあることを実感している。本日は、その変化を前向きにとらえ、会社を良い方向に進めるために、何をすべきなのかについて、お話ししたい。

■印刷を取り巻くIT環境の変化

◎変化1 技術・発注者・印刷業界の変化

第一に、技術面、発注者、そして印刷業界が急激に変化を始めている。Webブラウザ上でかなり複雑なことまで表現できるようになったうえ、『iPad』のようなタブレットデバイスの普及が進み、拡張現実(AR)技術のような新技術も登場し、ITと紙との融合を目指した試みも日々行なわれている。電子書籍の普及も着実に進展しており、見逃せない。

発注者も変化している。印刷に限らず、商品の多品種・小ロット化が進んでいる。そのうえ、とくにメーカー系のクライアントでは、商品のサイクルスピードが速くなっており、スピードを高めるための、ITシステムの導入も盛んである。

この流れを受けて、印刷業界も変化している。目立っているのは「印刷通販」で、低価格戦略によって、売り上げが堅調に伸びている。従来型の印刷ビジネスにとっては脅威であり、各社は価格競争に巻き込まれないために、「ワンストップサービス」や「ことビジネス」を打ち出して、受注確保や市場創出への積極的な動きを見せている。

◎変化2 企業における情報発信の変化

第二に、企業における情報発信の位置づけが変化している。紙とWebそれぞれの良さを生かして販促活動を進めている企業は確実に増えており、また、情報を欲しがっている人に、短時間にタイムリーに情報を届けるような「One to One」志向、「ビッグデータ」の活用、SNSなど新技術のマーケティングへの応用といった取り組みも、多くの企業が始めている。それに伴い、発信する側の「コンプライアンス」も厳しく問われる時代になっている。

◎変化3 制作環境の多様化

第三に、こうした動きに追随し、制作環境が多様化している。通信販売会社では、「Webファースト型制作」として、紙カタログに載せきれない商品をWeb限定でテスト販売し、売れたものは紙カタログにも掲載するというケースが多く見られる。このような手法はスタンダードになりつつある。

印刷通販サイトでは、「マイセルフ型テンプレートパブリッシング」として、名刺、はがき、封筒などの印刷用PDF制作ツールをWeb上で提供している。会社名や名前などを入力すれば印刷用PDFが完成し、入稿できる仕組みだ。富士フイルムのフォトブックのサイトでも同様のツールを提供しており、多くの方に活用していただいている。近年では、スマートフォン用アプリで提供しているケースもある。

また、企業の商品化スピードに合わせた制作を要求されることが、多くなっている。とくに、金融商品・小売商品などは商品の開発スピードがアップしており、印刷物制作にもタイムリーな対応が求められる。それでいて、製品化ぎりぎりまで仕様が決まらない、コンプライアンスなどをチェックする部門が増えた、というケースは少なくない。いままでの対応スピードでは間に合わないため、複数の部門に同時に校正を依頼したり、仕様が決まったらすぐにWeb上で校正を始められたりする仕組みを作らなければ、クライアントの要求にこたえることが難しい状況になっている。

■富士フイルムの取り組み(製品概要紹介)

富士フイルムでは、こうした市場の変化に対応できるソリューションの開発に力を入れている。まず、プリプレスツールを4点、紹介したい。

はじめの2点は、Webを活用して下版までのプロセスを早めるツールだ。

◎BtoB型Web to Printシステム『iAutolay Magic』

『iAutolay Magic』は、印刷通販サイトのように、文字入力だけで印刷物ができあがる仕組みを提供する。クライアントごとにポータルサイトを作れるので、一般企業A社には名刺発注用のテンプレート、広告代理店B社にはキャンペーン用のポスターなどのテンプレート、といった形で、発注を促すことも可能である。

◎Webポータル機能『XMF Remote』

『XMF Remote』は、いままでCTPなどのプリプレス工程に適用していたワークフローを、Webポータルを設けて外部にも公開することで、ネットワークにアクセスできるすべての方が、入稿や校正を行なえる仕組みである。『XMF』導入先のうち、『Remote』も導入されたお客さまの割合は、3年前は15%だったが、昨年は35%となり、関心が高くなっている製品だ。後ほど、お客さまの活用事例も紹介する。

次の2点は、下版から先の工程を早めるツールだ。

◎『XMF』

『XMF』は、プリプレス向けワークフローとして誕生し、着々と機能を強化してきたが、そもそもはジョブ進行自動化を目指した製品だ。たとえば、印刷先を4面付けの印刷機からデジタル印刷機に替えるとき、印刷の仕様をまとめて、ボタンひとつで変更できる。こうした「ジョブのオートメーション化」ができる製品だ。

◎『XMF Controller』

MIS(経営情報システム)と、『XMF』を連携させるソフトウェアである。MISからジョブに関する情報を受け取る際に、『XMF』に必要な情報を補完して、『XMF』に渡すことができる。これにより、MISと『XMF』とのよりスムーズな連携が可能になる。こうしたMISとワークフローの連携の仕組みを、他社に先駆けて提供している。

■『XMF』導入事例から見るプリプレスの将来像

ただいま紹介した製品を活用し、市場の変化に対応しているお客さまの事例を紹介したい。

◎東京リスマチック株式会社 店舗ごとに独立していたワークフローを一元化

各店舗で個別に運用していたワークフローを『XMF』導入によって統合、一元管理化することで、「店舗間の品質統一」「店舗連動サービスの実現」「商材の統合・全社開発」が実現した。

一元管理にあたり、プリプレスのエキスパートを社内から4~5名募り、共通テンプレートを検討させた。プリプレスチームがマニュアルチームの役割も果たすようになった。

◎服部プロセス株式会社 モバイル営業と『XMF Remote』全ジョブ運用の実践

営業が客先に出ていることが多い。そこで、お客さまに公開する仕事だけではなく、『XMF Remote』に全ジョブを登録する「全ジョブ運用」により、業務を「見える化」した。営業が原稿を外出先から確認し、顧客先で直接承認を得ることもできるので、入稿から下版までの時間が短縮された。

営業担当者が、仕上がり線付き、束見本、泣き別れの場合の突き合せなどの印刷ジョブを直接発行することができる点は画期的だと、高い評価をいただいている。

◎株式会社公栄社 プリプレス部門のムダな待ち時間が大幅削減

書籍の製作では、全原稿がそろうまで下版できなかったため、原稿の確認が遅れると残業が続いた。しかし『XMF』のワークフローに移行してからは、そろった折から次々に下版できるようになり、ムダな待ち時間が大幅に削減できた。さらに、『XMF Remote』全ジョブ運用によって進捗状況の見える化が図れたこと、制作部門がRIP処理などのプリプレス工程までカバーできるようになったことなどにより、余裕をもって印刷準備を行なえるようになった。その結果、プリプレス部門の残業時間が3分の1に減り、人件費削減につながっている。

◎株式会社総合印刷髙永 企画制作会社からの円滑な入稿を実現

神戸に本社・工場を持ち、グループ会社の企画制作会社が大阪にある。従来は、両社間のデータ受け渡しをFTPサーバ経由で行なっていたが、本社のプリプレス部門で、データの取り違えが起きたり、入稿時の電話のやり取りに時間をとられたりしていた。『XMF』の導入により、こうした課題が解消され、プリプレス部門の生産性が向上した。また、制作側でプリフライトを行なうことで、出力トラブルなども未然に防げるようになった。同時に、制作の意識も、「DTPオペレーター」から「最終成果物のデザイナー」へと変化してきている。

◎株式会社スバルグラフィック MIS連携や面付けテンプレートの活用で、生産性向上

『XMF』のストリッピングテンプレート機能をフル活用して面付け作業を省力化するとともに、MISとファイルサーバ、『XMF』を連携させることで、過去のデータ検索性向上を図った。

また、プリプレス部門の各オペレーターがCTP出力までを担当することで、トータルの生産性が2倍程度アップした。単なるRIPの置き換えではなく、それに合わせて工程も変えたことが、大きな成果につながっている。

◎新村印刷株式会社 印刷機変更への対応も簡単に

異なる仕様の印刷機4台が稼働。印刷機が変わるたび、プリプレス側での複雑な設定変更が発生していた。また、プリプレス担当者が専任化していた。

『XMF』導入後は、面付けテンプレートを切り換えるだけで印刷機の変更に対応でき、プリプレス工程のスキルレス化が図れた。仕様の異なる印刷機を保有すると、社内でこなせる仕事の幅が広がるが、同時に、ITシステムを導入するきっかけにもなる。

◎株式会社遊文舎 プリプレス部門の役割を根本から見直しワークフロー全体を合理化

「専門知識がなくても運用できそう」という理由から『XMF』を導入。最初の2か月間は全員で使い込み、毎週ミーティングを開いて最適な運用方法を検討した。こうした過程を経て、プリプレス部門のメンバーが、運用にマッチしたテンプレートを設計するなど、全体の調整役としての役割を果たすようになった。また、いままでプリプレス部門が担当していた出力作業が、テンプレートの活用によって他部門のメンバーでも行なえるようになり、一人ひとりの守備範囲が拡大。結果、ワークフロー全体の合理化につながっている。

■まとめ

まとめとして、ポイントを5つ挙げたい。第一に、キーワードは「見える化」「自動化」「省力化」だ。『XMF Remote』全ジョブ運用のような「見える化」を行なうことで、仕事の状況を把握しやすくなり、また、オンラインであればどこでもモニターで下版の承認ができる。また、「自動化」によって、印刷機の変更などを気にせず多彩な仕事をどんどんこなすことができる。「省力化」は、人の役割を変えることでワークフロー全体を変えていく。

第二にWebポータルは、クライアントへのサービスメニューの一つだが、印刷会社にとっては省力化にもなるツールだ。下版データを素早く確定でき、結果として人件費・中間材料費抑制にもつながる。

第三に、「見える化」を実現することで、後工程の段取りがスムーズになる。前後の工程が見えるので、現場社員から工程改善のアイデアが出やすくなる。そういう環境をつくるきっかけにもなるのが、「見える化」である。

第四に、小ロット多品種化が進んでいく中で、プリプレスの自動化は避けて通れない。ただシステムを入れるだけでなく、人員配置の見直しも併せて進めることで、より実効的な自動化が行なえるのではないだろうか。

最後に、プリプレスの自動化が進むと、プリプレス部門や出力担当者はワークフローコーディネーターとしての役割を求められる。社内を変えていくことも含めて、工程全体の最適化を考えることが次のステップに繋がるのではないかと思う。

FFGSでは、服部プロセス様や公栄社様に訪問する、定期見学会を実施している。また、この見学会に参加されたお客さまを対象に、『XMF Remote』の運用によってどの程度効率化が図れるかというシミュレーション分析を行なうこともできるので、ぜひご検討いただきたい。

これからもFFGSは、ワークフローソリューションを通じて、印刷会社の工程変革の取り組みに積極的に協力させていただく。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る