ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

ファインジェットプルーファー『PRIMOJET SOFT-XG』
新バージョンを発売

最新10色プリンター対応により色域が拡大、印刷物近似性も一段と向上

2016年3月8日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

[写真]ファインジェットプルーファー『PRIMOJET SOFT-XG』

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:真茅久則、以下 FFGS)は、デジタルプルーファーのデファクトスタンダードとして広く活用されているファインジェットプルーファー『PRIMOJET』のハイエンドモデル、『PRIMOJET SOFT-XG』の新バージョン(V5.7)を、3月から発売いたします。

印刷物のクオリティアップはもとより、コストダウン・納期短縮などの面でも、色管理には高い精度と効率が求められており、とりわけ、広演色インキなどを用いる高品位印刷においては、プルーフの段階で最終仕上がりの色をいかに高精度に再現できるかが、きわめて重要な要素となります。

『PRIMOJET SOFT-XG』は、自社でプロファイルを作成・運用し、こうした品質要求のシビアな仕事を手がける印刷会社において、従来型DDCPに代わる高信頼のデジタルプルーファーとして活用されており、卓越したカラーマッチング精度や、オートキャリブレーション機能による再現安定性などで高い評価を得ています。

今回発売する新バージョン『PRIMOJET SOFT-XG V5.7』は、色再現性を大幅に高めた最新の10色プリンター『PRIMOJET PRINTER 9050V/7050V』(EPSON SC-P9050V/7050V)に対応。新搭載のバイオレットインクにより、従来機では再現が難しかった青・紫方向の色域が大きく拡大しています。

この新プリンターの性能を最大限に引き出すために、『PRIMOJET SOFT-XG』では、バイオレットインクを含む10色での1bit TIFF出力に、業界に先駆けて対応しました。さらに独自のインクコントロール技術がさらに進化、より豊かな階調表現が可能になり、網点・文字品質も一段と向上しています。また、「平均⊿E<1」の優れたカラーマッチング精度、オートキャリブレーション機能による再現安定性などを継承しながら、最新測色器対応や自動ジョブ移動機能、より直感的な操作が可能になるユーザーインターフェースの改良など、多くの新機能を搭載しました。これにより、作業性が大きく向上し、より効率的なプルーフ運用が可能になっています。


【PRIMOJET SOFT-XG V5.7の主な特長】

●新プリンターの品質性能を引き出す独自の出力ドライバーを搭載

最新のバイオレットインクを含む10色プリンター『PRIMOJET PRINTER 9050V/7050V』での1bitTIFF出力に、業界に先駆けて対応。独自のドライバーソフトにより、プリンターの持つ優れた色再現性を最大限に生かすことができます。従来機種のプリンター(PRIMOJET PRINTER 9900/7900)も接続できるため、設備環境に合わせた柔軟なシステム構成が可能になっています。

●印刷物近似性が一段と向上

独自のインクコントロール最適化技術がさらに進化。網点再現のための『コアドット』と色合わせのための『サテライトドット』を併用することで、一般的な出力ドライバーでは難しい「正確な色再現」と「鮮明な網点・画線表現」との両立を実現、文字・網点の再現性が一段と向上しました。さらに、インクジェットプルーファーならではの幅広いペーパー対応力、印刷本紙の白色度に合わせた色再現を実現する「紙白シミュレート機能」、印刷の質感やザラツキ感を再現する「ノイズ機能」などの活用により、印刷物近似性の高いプルーフ出力が可能です。

●最新測色器に対応

新しい測色条件「M1」基準での測色が可能な「i1iSis 2」やプリンターオプションの「ILS30EP」などの最新測色器に対応。測色条件をM0/M1/M2の3モードから選択できるため、従来のM0基準・M2基準を運用しながら、将来のM1基準対応ワークフローに備えることが可能になります。

●「自動ジョブ移動機能」などの多くの新機能を追加

プリンターが用紙切れなどで使用できない場合にジョブを自動的にほかのプリンターに移動する機能や、より直感的な操作が可能になる新ユーザーインターフェースなど、多くの新機能を搭載しました。これにより、作業性が大きく向上し、より効率的なプルーフ運用が可能になっています。

【接続プリンター PRIMOJET PRINTER 9050V/7050Vの主な特長】

●青・紫方向の色域が拡大し、ブラックの濃度もアップ

新開発の『UltraChrome HDXインク』を採用。新たに「バイオレットインク」を搭載したことで、青・紫方向の色域が拡大し、特色のシミュレーション精度がアップしました。さらに、フォトブラックインクの顔料粒子を従来の約1.5倍に増量。より高濃度なブラックの再現が可能になり、ダイナミックレンジも拡大しています。

●濃淡ムラや面内色差を抑制

インク着弾精度と紙送り精度を向上させ、「濃淡ムラ」や「面内色差」を改善。塗工紙ベースのインクジェットプルーフ紙でも安定した再現が得られます。また、オプションの新型自動測色器(ILS30EP)により、測色スピードが従来機の約2倍に高速化し、新測色基準のM1光源(D50光源)下での測定が可能になります。

FFGSは今後も、独自のノウハウを生かした高度なカラーマネージメントソリューションをはじめ、CTPシステム、デジタルプレスなどの各種ソリューションをさらに拡充し、印刷会社様の基盤強化・事業拡大を多角的にサポートしてまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る