ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

完全無処理サーマルCTPプレート『SUPERIA ZD』を近日発売

UV印刷適性・耐刷力を一段と高め、幅広い用途に対応

2016年6月2日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:真茅久則)は、オフセット印刷向け省資源ソリューション『FUJIFILM SUPERIA』の新たなラインアップとして、完全無処理サーマルCTPプレート『SUPERIA ZD』を、drupa 2016以降、ワールドワイドで順次、販売開始します。

『SUPERIA ZD』は、富士フイルムの最新のプレート技術を複合的に投入することにより、現行の完全無処理サーマルCTPプレート『SUPERIA ZP』で定評のある機上現像と印刷安定性を維持しつつ、ロングラン印刷適性やUV印刷適性も兼ね備えているのが特長です。富士フイルムは今後、本製品を、品質・生産性・環境性・安定性を高いレベルで兼ね備えた“オフセット用CTPの究極形”として、世界各地へ販売を広げていきます。

機上現像のメカニズムと搭載技術

■新技術の複合投入でUV・ロングラン用途に対応

『SUPERIA ZD』は、最新の支持体表面処理技術「MGZ(Multi Grain Z)」に加え、UVインクに対応するための「HDN(Hyper Dimension Networking)」技術の搭載により、耐刷性が向上。さらに、「s-HDS(super Hydro Discrimination Surface)」技術の採用により非画像部界面の保水性能を最適化することで、さらなる汚れにくさ、水幅の拡大を実現。これら3つの技術の相乗効果により、下記のメリットを提供します。

[1]ロングラン印刷でも安心

実績ある支持体表面処理技術『MGV』を発展させた新たな砂目構造『MGZ』を採用することで、支持体と画像部感光層との密着性が高まり、耐刷性と同時に「水/インキバランスのとりやすさ」も向上。輪転機によるロングラン印刷のような過酷な環境でも安心して使用できます。

[2]無処理+UVによる新たな高付加価値印刷が実現

UV印刷での耐刷性を高めるため、新開発の超高速ラジカル重合技術を採用し、光エネルギーが有効に使われるようにさせることで、より高密度なネットワーク(HDN)の生成が可能になりました。この富士フイルム独自の『高密度ネットワーク(HDN)技術』によって、UVインキや印刷関連薬品に対する「画像部の耐性」が一段とアップ。需要が高まるUV印刷においても、完全無処理プレートの活用が可能になり、環境対応と高付加価値化の両立が実現します。

[3]刷り出し性・品質安定性が向上

非画像部界面の保水性能を最適化する『s-HDS技術』の投入によって、非画像部の親水性が向上し、水幅が拡大され、汚れにくさを良好に保ちます。定評ある機上現像性と、優れた「水/インキバランス性能」により、刷り出しから安定した品質が得られます。

砂目の多段構造

■5つの省資源すべてに高いレベルで貢献

すでに実績のある『SUPERIA ZP』と同様、完全無処理によって現像工程がなくなることで、それに関わる資材もエネルギーも不要になり、現像機器のメンテナンス工数もゼロに。『SUPERIA ZD』は、省材料・省工数・省エネルギー・省排出・省ウォーターという、SUPERIA システムならではの「5つの省資源」すべての項目で高い効果を発揮します。しかも省資源効果だけでなく、最新ニーズへの対応力も万全。優れた耐薬品性を武器に、LED-UVやH-UV印刷でも、輪転機によるロングラン印刷でも、無処理プレートであることを意識せず、幅広く安心して使用できます。

富士フイルムは、SUPERIAに代表される環境対応CTPシステムをはじめ、ワークフローからデジタルプレス、印刷関連薬品、パッケージ印刷に至るまで、さまざまな分野でトータルソリューションを提供するリーディングカンパニーとして、世界中の印刷業界の長期的成長に向けて日々開発に取り組んでいます。その最新・精鋭の製品群やソリューションを、drupa 2016の富士フイルムブース(ホール8b・A25)で出展し、お客さまにもたらす具体的なメリットをご紹介しています。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る