ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

『フレキソ・ジャパン 2016』にFFGSグラフィックサプライと共同出展

環境性に優れ、高画質・高生産性を実現する水性フレキソ印刷ソリューションを紹介

2016年9月26日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:真茅久則、以下FFGS)は、10月13日(木)・14日(金)の2日間、東京ファッションタウン(TFT)ビルで開催される『フレキソ・ジャパン 2016』に、FFGSグラフィックサプライ(社長:野村龍太郎)と共同で出展します(ブース番号33)。

近年、パッケージ市場においては、食品や衛生用品などの分野を中心に、環境への配慮や安全性向上に対するブランドオーナーの要求がますます厳しくなっています。また、印刷会社においても、環境関連の法規制が強化される中、有機溶剤を使用する工程では設備上の対策や薬品の厳重な管理が必要になることなどから、溶剤フリー化への気運が高まっています。こうした中、FFGSでは、環境負荷の少ない水性フレキソ印刷を軸としたパッケージソリューションを展開し、製版から印刷・加工までの全工程をカバーする幅広いラインアップで、お客さまのニーズにきめ細かく応えています。

今回のフレキソ・ジャパンでは、最新の水性フレキソ印刷ソリューションから、溶剤フリーと高品質を同時に実現するフレキソ製版システム『FLENEX SYSTEM』をメインにご紹介します。

「テーブルトップショー」では、FLENEX版材のサンプルを展示し、技術的特徴と具体的な導入メリットを詳しく解説。さらに、FFGSグラフィックサプライのソリューションからは、実績豊富なFLEXO WASH社製自動洗浄システムのほか、オリジナルのドクターブレードなど、品質向上・作業効率化に貢献するAdflex製品群を出展します。

「フレキソフォーラム」では、10月13日(木)13時45分から、FFGS技術一部・東達治が「フレキソ製版システムのトレンドと富士フイルムフレキソ最新技術」のテーマで講演。drupa2016で主要メーカーから出展されたフレキソ製版システムのトレンドを紹介するほか、水現像版を中心とした富士フイルムの最新フレキソ技術について、採用事例も交えながら解説します。

【テーブルトップショー 主な出展製品】

[ロゴ]FLENEX

●水現像フレキソ版 FLENEX FW-L(デジタル版)/FW-A(アナログ版)

画期的なビルトイン・フラットトップドットを実現し、高生産性と高画質 を兼ね備えた、溶剤フリーの環境対応フレキソ版。

●水現像UVフレキソ版 FLENEX FW-U

樹脂凸版のトップブランド『富士トレリーフ』用設備で製版可能。ニス引き・糊引き・糊殺しに最適。

●水現像版用洗い出し機

FLENEX FW-L/FW-Aの処理に最適な推奨洗い出し機。高圧水洗と圧縮エア乾燥により、洗い出しの際に発生するカスを版面に残さない画期的なシステム。

●彫刻型スリーブ版 FLENEX FD-SS

スリーブ表面に赤外線レーザーで直接画像を彫刻するDLE版材。露光・現像・乾燥工程が不要で、彫刻したスリーブは、ゴミ取り洗浄後、直接印刷機に装填できるため、マウント作業なしに高い見当精度を実現。

― FFGSグラフィックサプライの主な出展製品 ―

全自動洗浄システム FLEXO WASH

●全自動洗浄システム FLEXO WASH

アニロックスロールやフレキソ版、インキチャンバーなどの印刷機パーツを自動で洗浄。水性・UV・溶剤の各種インキタイプに合わせた専用の洗浄液をラインアップ。洗浄液はリサイクル方式のため、環境にやさしく経済的。

●ドクターブレード Adflexブレード

●他Adflex製品群

【フレキソフォーラム 講演概要】

●日時 10月13日(木) 13:45~14:25

●場所 東京ファッションタウン(TFT)ビル 9F「研修室906」

●テーマ フレキソ製版システムのトレンドと富士フイルムフレキソ最新技術

●講師 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 技術一部 東達治

●講演内容

  • drupa2016に見るフレキソ製版システムのトレンド
    (版材/CTP/自動現像機)
  • 富士フイルムの最新フレキソ技術

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031 東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
  • FFGSグラフィックサプライ株式会社 アドフレックス事業部
  • TEL :03-3914-6173
  • FAX :03-3919-8383
  • 〒114-0002 東京都北区王子2-22-3
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る