ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

『Acuity Selectシリーズ』海外導入事例――SAS Graphics社(イギリス)

生産力が格段に向上し、顧客基盤の拡大、新規受注獲得に成功

『Acuity LED 1600』との連携で多様化する需要に対応

2016年12月20日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

イングランド南東部イースト・サセックス州に拠点を置くSAS(Special Art Services)Graphics社は、2016年10月に富士フイルムのワイドフォーマットUVインクジェットプリンター『Acuity Select X28』を導入し、品質・生産性の向上を図るとともに、新たなビジネスチャンスの創出に成功している。

[画像]Managing Director スティーブ・ホワイト氏

■厳しい顧客要求を満たす高品質・高生産性

同社のManaging Directorであるスティーブ・ホワイト氏は、『Acuity Select X28』導入の背景について次のように述べている。

「当社では、美術・写真プリント事業部門のMBO(経営陣による自社買収)を経てハイエンドグラフィック・看板事業へと移行した2014年に、富士フイルムのワイドフォーマットLED UVインクジェットプリンター『Acuity LED 1600』を導入しました。このプリンターは非常に大きな戦力になっているので、今後も活用を続けていきますが、一方で、お客さまからの需要の増加・多様化に応える必要も出てきました。そのために、生産能力を強化することにしたのです」

また、ホワイト氏はこう続ける。

「当社は美術・写真プリントの分野から事業をスタートしたため、富士フイルムとは長年の取引があります。しかし、インクジェットプリンターについては、最初から富士フイルムの製品を導入すると決めていたわけではありません。当社の事業の大半は、高級オフィスの設備および改装、企業ブランディングプロジェクト向けに、ウィンドウ、壁面、横断幕などのさまざまなグラフィックを制作することなので、つねに最高レベルのプリント品質が得られるシステムを選択したいと考えています」

メディアに直接プリントできる多くのフラットベッド機を検討したが、クライアントを納得させるスピード、柔軟性、品質、そしてコストパフォーマンスを兼ね備えていたのは『Acuity Select X28』だけだったとホワイト氏は語る。

「8カラーチャンネルの『Acuity Select X28』は、ライトシアン、ライトマゼンタ、ホワイト、クリアを必要に応じて追加することができます。これにより、極めて高い品質で、これまでにない生産性・安定性を保ちながら出力できます。ColorGate RIPと富士フイルムのUVインクもとても相性が良く、非常に高性能なプリンターに仕上がっていると感じています」

さらに、運用上の具体的なメリットについてホワイト氏は「Acuity LED 1600との色の整合性」を挙げる。

「今回導入した『Acuity Select X28』と、従来から使用している『Acuity LED 1600』との間で色の整合性が保たれているため、この2台をフレキシブルに運用することができます。生産スケジュールまたはジョブの内容に応じて、必要であれば、片方でプルーフを出力し、もう一方で最終出力するといったことも可能です。富士フイルムの技術チームが、時間をかけて当社のニーズを正確に理解したうえで、2台のAcuityプリンターが高精度にカラーマッチングされるよう、プロファイルの作成などをサポートしてくれたおかげで、このような体制が実現したのです。この親身な対応には、強い感銘を受けました」

■多様なメディアに対応する柔軟性がビジネス拡大に貢献

Acuity Select 20 seriesの1モデルである『Acuity Select X28』は、2.5×3.05m以上のプリント領域を持つワイドフォーマットUVインクジェットプリンターでは最高水準の出力品質を発揮します。高精細・高解像度の画質を必要とするジョブに最適な設計で、大サイズのプリントに対応しているため、特大サイズのメディアや、1.25×2.50mのボード2枚への同時プリント、さらには、フラットベッドの半分にメディアをセットしながら、もう半分のエリアを使って最大速度でプリントすることも可能です。

Acuity Select 20 seriesは、ホワイト、ライトシアン、ライトマゼンタ、およびクリアインクのオプションを含め、最大8カラーチャンネルを搭載し、多様な製作物に活用できるソリューションです。1200dpi以上の高品質のグラフィックを、リジッド、シート、ロールメディアにプリントできる多機能性により、生産力向上およびビジネス領域拡大に大きく貢献します。

Acuity Select 20 seriesのプリント性能は、富士フイルムが独自に開発した『Uvijetインク』との組み合わせで最大限に発揮されます。このインクは、鮮やかな発色、優れた定着性・耐久性をあらゆるメディア上で実現する富士フイルム独自の「Micro-V 分散技術」を採用しています。

ホワイト氏は、『Acuity Select X28』の導入による経営メリットと今後の展望について、次のように述べています。

「『Acuity Select X28』は、当社にとってまさに待望のプリンターでした。導入前は、ほぼ生産能力一杯の状態に達していましたが、同機を導入してからは、高品質かつ高速でコスト効率の高いプリントが可能になり、納期も大幅に短縮することができたため、ビジネスチャンスが大きく広がりました。また、中核となるハイエンドグラフィック・看板市場で顧客基盤が拡大したことに加え、より多くの印刷会社から、ワイドフォーマットプリントのジョブを受託できるようになりました。今後数カ月間のうちに、新規受注の大きなチャンスが得られる見込みです。このような成果をもたらした富士フイルムとのパートナーシップに、心から満足しています」

富士フイルムは今後も、独自のインクジェット技術『FUJIFILM Inkjet Technology』を活かしたデジタルプレスおよびワイドフォーマットソリューションで、国内外の印刷会社の事業拡大・収益性向上に貢献していく。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る