ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルム

画期的な色見本色合わせシステム
『Real Match Assistant 』発売

色見本現物のスキャンのみでプロファイルを自動作成、POD機の色合わせを大幅に省力化

2017年1月31日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

[ロゴ]Real Match Assistant

富士フイルム株式会社(社長:助野健児)は、富士ゼロックス製カラーPOD機のオプションとして、色見本の現物をスキャンするだけで手軽にカラーマッチングが行なえる色見本色合わせシステム『Real Match Assistant』を、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:真茅久則)を通じて発売します。

昨今、商業印刷分野では、Japan Colorなどの業界標準色を基準にしたカラーマネージメントが普及していますが、クライアントやデザイナーからの持ち込み原稿に色を合わせるケースや、改訂・増刷の際に初版と色を合わせることを求められるケースも少なくありません。このような場合、レタッチ処理、出力カーブの調整などで対応しますが、多くの時間・工数がかかるうえ、オペレーターの技量によりマッチング精度にバラツキが出てしまいがちです。また、複数の出力機を使用する場合には、機器間のカラーマッチングを行ない、色の均一化を図る必要もあります。

今回発売した『Real Match Assistant』は、色見本の現物をスキャンするシンプルな操作で、スキルや経験がなくても簡単に、印刷物の色を色見本に近づけることができる画期的なシステムです。原稿データ(CMYK)を『Real Match Assistant』に読み込み、POD機付属のスキャナで色見本をスキャンすると、自動で色見本プロファイルが作成されます。このプロファイルを適用して出力することで、色見本に近似した色の印刷物を安定的に出力することが可能になります。

[画像]Real Match Assistant の作業フロー

『Real Match Assistant』を活用することで、色見本をターゲットにしたジョブにおける生産性を大きく向上させることができます。測色器を必要としないため測色の手間が省けるほか、レタッチなどの人手のかかる作業の工数が大幅に削減でき、ミスも防止できます。クライアントやデザイナーの指定する色見本への色合わせはもちろん、複数のPOD機間の個体差吸収や、POD機更新の際の旧型機と新型機のマッチングなど、さまざまな色合わせ用途に活用が可能です。

【対応機種】

●富士ゼロックス DocuColor 7171 P
●富士ゼロックス VersantTM 80 Press(Model-2)
●富士ゼロックス VersantTM 180 Press
●富士ゼロックス DocuColor 1450 GA (Model-Ex)

【Real Match Assistantの主な導入メリット】

●色合わせ作業の時間・工数削減

POD機のスキャナによる1スキャンのみでプロファイルが自動作成されるため、測色器による測色作業が不要になります。レタッチ作業を行なう場合も、おおよその色が合った状態から始められるので、作業時間が大幅に削減できます。

●色合わせの精度向上・ミス防止

操作が簡単で専門的なスキルが不要になるため、オペレーターの技量に左右されず色合わせが行なえ、レタッチミスなどのヒューマンエラーの防止にもつながります。

●仕上がりの色が安定

色見本ごとにプロファイルを作成し即出力するため、POD機の経時変動に影響されにくく、つねに安定した仕上がりが得られます。

●複数のPOD機間の色の均一化

複数台のPOD機で出力する場合、特定のPOD機で出力した印刷物を色見本とし、これに対して他のPOD機の色を合わせることにより、機器間の色調を近似させることができ、品質安定性と生産性の高次元な両立が可能になります。

  • ※色見本原稿の色材がトナー以外(インクジェット、オフセット印刷など)、色見本原稿とPODプリンタ印刷物の紙種が異なる場合は、色合わせ精度が若干低下します。また、色見本原稿の色により色合わせ精度が異なります。

富士フイルムは今後も、独自の技術を活かしながら、印刷会社様の課題解決をサポートするソリューションの開発に取り組み、利益創出・事業拡大に貢献してまいります。


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る