ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

野毛印刷社、FFGS本社ショールームでオープンハウスイベント開催

クロスメディア、特殊印刷、立体加工など、課題解決のヒントを幅広い視点で提案

2017年7月7日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

【写真】

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:辻重紀、以下FFGS)の本社ショールーム『i-Communication Center 西麻布』で、6月7日・8日の2日間、株式会社野毛印刷社(本社:横浜市中区相生町、社長:森下治氏)のオープンハウスイベント『ヒラメキ工房 Vol.2 in 東京』が開催された。このイベントは、野毛印刷社が、顧客に対する課題解決や付加価値の提案などを能動的に行なう「提案型の企業姿勢」を示す取り組みの一環として企画したもので、この趣旨に賛同したFFGSが会場を提供した。


■独自のノウハウを盛り込んだ制作物・ソリューションを4つのブースで紹介

『ヒラメキ工房』は、“印刷会社だからできる、人と課題解決をつなげる「ヒラメキ」を!”をスローガンに掲げ、顧客が抱える販促・集客などに関する悩みに対して野毛印刷社がさまざまな提案や事例を示し、「解決のヒント」として持ち帰ってもらうことをコンセプトとした展示イベントである。第1回は2016年9月に横浜で開催。約30社90名が来場し、好評を博したことから、今回、会場を東京に移し2回目を開催する運びとなった。

このイベントは完全予約制で、来場者1社毎に野毛印刷社の担当営業1名がアテンドとしてつき、「デジタル工房」「デザイン工房」「プリント工房」「立体工房」の4つのブースを、2時間のツアーとして案内する。ツアーの1グループは最大3社までに限定しているので、各ブースのプレゼンターや担当営業と個々に対話しながら見学できることが大きな特長。来場者は各ブースで説明を受けながら、独創的なアイデアの詰まった多彩な展示物にじっくりと見入っていた。

「デジタル工房」では、クロスメディアソリューションとして、印刷物をはじめ、Web、動画、ARなど、さまざまなメディアの組み合わせによる情報伝達を提案。具体例の一つとして、自社の広報コミュニケーションを紹介し、定期刊行物『ハマコミ』、自社オウンドメディア『ヒラメキ工房』(https://hirameki.noge-printing.jp/)などによる未開拓顧客・既存顧客双方へのアプローチなどについて解説・提案した。

「デザイン工房」では、「見やすさと美しさを追求したデザイン」と「効率的な自動組版」を訴求。ユーザー行動を意識し、「使いたいときに使いやすく」を追求した災害対策ツールや、大学のブランドイメージを保ちながらコンテンツの拡充に成功したパンフレットリニューアルの例などを、サンプルとともに紹介した。また、店頭POP制作の例では、データベースからデザインテンプレートへの流し込み、面付けまでを行なう自動組版を実演。さらに、制作プロセスの課題を解決するソリューションの一つとして、『XMF Remote』を活用したWeb校正も紹介した。

「プリント工房」では、POD機やオフセット印刷機の活用の可能性を示すさまざまな印刷物を展示。特殊印刷を駆使した美術展のフライヤー、全自動平版打抜機で加工したノベルティ、『富士ゼロックス Color 1000 Press』でインライン製本した冊子などのサンプルを、工夫点や苦労話も交えながら紹介した。また、同社の色管理体制や、独自のCSR活動として取り組んでいる寄付金付プライベートブランドペーパー『FSユース』の案内も行なった。

ツアー最後のブース「立体工房」では、野毛印刷社の高度なノウハウが活かされた立体的な紙製品が勢揃い。仕掛け絵本をヒントにしたポップアップカードをはじめ、ポップアップ名刺、ペーパークラフトなどを多数展示し、同社の印刷・加工技術をアピールした。

帰り際には、入場時に記念撮影した写真を使った“世界に一つだけのポップアップカードカレンダー”をプレゼント。One to Oneの立体印刷物という、同社の強みが如何なく発揮されたオリジナルノベルティに、来場者は感銘を受けていた。

次回第3回『ヒラメキ工房』は、7月13・14日に野毛印刷社で開催予定となっている。

【写真】

FFGSは今後も、印刷会社の独自企画や顧客への提案活動を多角的にサポートし、業界全体の活性化に貢献していく。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る