ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

『IGAS2018』に出展

ブース全体に次世代の印刷物生産システムを展開し、『Fujifilm Smart Factory』を提案

2018年6月5日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:辻 重紀、以下FFGS)は、7月26日(木)から7月31日(火)までの6日間、東京ビッグサイトにて開催される『IGAS2018』に出展します(東3ホール)。富士フイルムのスローガンは『INNOVATION BEGINS HERE ―印刷を変える、未来を拓く―』。ブース全体を一つの印刷工場に見立て、受注から制作、印刷、後加工までの全工程にわたって自動化・効率化・可視化を実現した新たな印刷物生産システム『Fujifilm Smart Factory』を展開します。

人々の暮らしやビジネススタイルの多様化が進む中、幅広い産業で、短納期・多品種・小ロットなどの消費者ニーズに応えるため、工程の見直しや「自動化・効率化」が重要なテーマの一つとして挙げられています。印刷業界でもここ数年来、加速的な変革が進められてきました。そして、次の展開として多くの企業が注目しているのが、ICTやIoTを活用したこれまでにない生産方式の実現を目指す「スマートファクトリー」という考え方です。

富士フイルムが今回のIGASでご紹介する『Fujifilm Smart Factory』は、ジョブの内容に応じた出力機・後加工機などの生産システムの自動選択とスケジューリング、生産工程とコストの可視化により、最適な品質・納期・コストを実現する“次世代の印刷工場”です。その大きな特長の一つは、「オープンである」ということ。富士フイルムグループ内での相互連携はもちろん、業界内外の幅広いメーカー・ベンダーとオープンに連携し、受注から配送・納品までを一貫してサポートすることをコンセプトにしています。IGAS会場では、実際にホリゾンブースの後加工機器と連携をとり、「自動化・可視化」された工程全体の流れをデモンストレーションによって披露します。

さらに、スマートファクトリー構想の核になるワークフローシステム、デジタルプレスをはじめ、CTP・オフセット印刷工程を担う『SUPERIA』や、パッケージ、ワイドフォーマットなど、幅広い分野にわたり、ビジネス拡大や企業基盤強化に貢献する最新のソリューションを出展します。

また、富士フイルムブースとは別に、協賛メーカー共同企画『Smart Factory Zone』、主催者企画『SMALL START ZONE』『フレキソゾーン』においても、各テーマに対応する富士フイルムのソリューションをご紹介します。

【ソリューション別の主な出展製品】

●ワークフロー

『Fujifilm Smart Factory』の最大の柱となるのがワークフローシステムです。富士フイルムと富士ゼロックスの技術融合体制の強化によって構築が進んでいる次世代ワークフローでは、「生産工程全体の自動化・可視化」「状況に応じた作業計画作成」「外部システムとの柔軟な連携」が実現。また、「印刷物の生産性」の捉え方を、「一つひとつのジョブの処理時間短縮」から、「さまざまな品目の大量ジョブの集約・最適生産」へと転換することで、デジタルプレス時代の最新ニーズに対するより的確な対応が可能になります。今回のIGASでは、ホリゾンブースと富士フイルムブースを連携させ、『Fujifilm Smart Factory』の第一段階として、「入稿からポストプレスまでのシームレスな流れ」をご紹介します。

[ロゴ]FUJIFILM WORKFLOW xmf

  • 富士ゼロックス 次世代工程管理ワークフロー(参考出品)
  • 富士フイルム XMF 次世代バージョン(参考出品)
  • BtoB型Web to Printシステム iAutolay Magic
  • バリアブル印刷ソフト Form Magic
  • ファインジェットプルーファー PRIMOJET SOFT-XG Ver5.8 【NEW】
  • クラウドベースカラーマネージメントシステム XMF ColorPath
  • 色見本色合わせシステム Real Match Assistant
  • カラーマネージメント支援プログラム i-ColorQC+プルーフ
  • 紙器パッケージ印刷向け 面付け・プランニングソリューション PHOENIX V7(参考出品)
  • 富士フイルムGSテクノ プリントナビゲーション
  • 富士フイルムGSテクノ GA Active Support

●デジタルプレス

ワークフローと共にソリューションのキーファクターになるのがデジタルプレス。今回のIGASでは、世界初出展となる富士ゼロックス製輪転インクジェットデジタルプレス『11000 Inkjet Press』(仮称)や、ワールドワイドで100台以上の導入実績を持つ枚葉インクジェットデジタルプレス『Jet Press 720S』などの実機展示を行ない、統合ワークフローのもと、後加工機まで連携させたデモンストレーションによって、印刷物製造の自動化・効率化のメリットをお伝えします。

  • 輪転インクジェットデジタルプレス 11000 Inkjet Press(仮称)(参考出品)
  • 枚葉インクジェットデジタルプレス Jet Press 720S
  • カラー・オンデマンド・パブリッシングシステム
    富士ゼロックス Iridesse™ Production Press 【NEW】

[写真]Jet Press 720S/富士ゼロックス IridesseTM Production Press


●CTPシステム(SUPERIA)

富士フイルムは、完全無処理CTPシステムを通じ、より幅広い視点で環境貢献のあり方を考え、具体策を提案し、自ら行動しています。この4月から開始した『Green Graphic Project(GGP)』という、独自のCO2削減活動もその一つです。『SUPERIA』ゾーンでは、こうした取り組みから得た、環境対策に関わるワールドワイドの最新情報を元に、「なぜいま無処理化が必要なのか」を、わかりやすいデモンストレーションによってご紹介します。

[ロゴ]FUJIFILM SUPERIA

  • 四六半サイズ サーマルプレートセッター Luxel PLATESETTER T-6500
  • ショートコンベア CZ-940/1310 【NEW】
  • 完全無処理サーマルCTP プレート SUPERIA ZP/ZD
  • 新聞用合紙レス完全無処理プレート 【NEW】
  • Green Graphic Project 【NEW】

●パッケージ

パッケージ分野においても近年は、環境への配慮が重要な課題になっており、世界的な潮流として、環境に優しい水現像フレキソ版の導入が着実に進んでいます。一方、消費者ニーズの変化から多品種・小ロット・短納期への対応も求められており、従来のアナログ方式を補完するために、インクジェットデジタルプレスを活用する企業が増えてきました。富士フイルムでは、水性フレキソとインクジェット、どちらの分野にも独自のソリューションを揃えており、今回のIGASでも、その優れた品質や環境性、付加価値の高さを、デモンストレーションや豊富なユーザーサンプルを通じてアピールします。

  • 軟包装用UVインクジェットデジタルプレス Jet Press 540WV
  • 軟包装用インクジェット・グラビアハイブリッドプレス
    Jet Press 540WH(パネル展示) 【NEW】
  • 水現像フレキソ版 FLENEX FW-L2 【NEW】
  • 感光性樹脂凸版 富士トレリーフ Xタイプ
  • パッケージ印刷用ファインジェットプルーファー
    GP-PRIMOJET V5.8(パネル展示) 【NEW】

[写真]Jet Press 540WV


●ワイドフォーマット

今回の注目製品は、LED UVインクジェットロールプリンターの最新モデル『Acuity LED 1600R』と、国内初登場となる、超高画質・高生産性を同時に実現したハイエンドタイプのロールプリンター『Acuity Ultraシリーズ』です。ブースでは、実機の稼働はもちろん、世界各国でAcuityを有効に活用しているお客さまの多様な事例を、実際の製作物と共にご紹介します。また、他の産業分野での活用実績として、富士フイルム独自の「UVIQUE(ユビ―ク)技術」による合成皮革への印刷事例や、Acuityによるメンブレンスイッチへの印刷事例なども併せてお伝えします。

  • 超高画質・高速UVインクジェットロールプリンター
    Acuity Ultra 3.2 & 5 Meter UV Roll to Roll Printer 【NEW】
  • ハイパフォーマンスLED UVインクジェットロールプリンター Acuity LED 1600R

[写真]Acuity Ultraシリーズ


●最新・先進テクノロジー

ヘッド、インク、画像処理技術をコアとする独自のインクジェット技術や、ロボット技術を活用した自動化システムなど、富士フイルムが提供する先進的なテクノロジーについて、最新情報をお届けします。

[ロゴ]FUJIFILM Inkjet Technology

  • FUJIFILM Inkjet Technology
  • ウエーブ製自動化システム WAVE 15P-Series 【NEW】

●企画ブースへの出展

  • 主催者企画
  • SMALL START ZONE(東6ホール)
    フレキソゾーン(東6ホール)

  • 協賛メーカー共同企画
  • Smart Factory Zone(東3ホール)

今回のIGASでFFGSは、印刷業界のリーディングカンパニーとして、印刷ビジネスの未来を拓き、印刷会社の新規ビジネス創出・利益向上、社会課題の解決に繋がる革新的なソリューションを多数ご提案しますので、どうぞご期待ください。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る