ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ

『Convertech JAPAN 2019』に出展

デジタルプレス、水性フレキソ印刷の多彩なサンプルで付加価値提案のヒントを提示

2019年1月7日

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(社長:辻 重紀、以下FFGS)は、2019年1月30日(水)から2月1日(金)まで東京ビッグサイトで開催される『Convertech JAPAN 2019』に出展します(東2ホール/ブース番号2V-01)。今回は、「2つの革新力で、コンバーティングの世界に新たな価値を。」のテーマのもと、デジタルプレスと水性フレキソ印刷の2大ソリューションを中心に、軟包装分野の課題解決・付加価値創出に貢献する最新のシステムをご紹介します。

昨今、軟包装の分野では、社会的ニーズである「環境・安全への配慮」や「小ロット・短納期への対応」、そして、ブランドオーナーの販促戦略への効果的な提案が重要な課題になっており、こうした課題の解決に貢献するべく、富士フイルムは、デジタルプレスと水性フレキソ印刷を柱としたパッケージソリューションの拡充に取り組んでいます。

今回のConvertech JAPANでは、その最新の成果として、独自の画像形成技術『EUCON Technology』により高品質・高生産性・低臭気を実現したUVインクジェットデジタルプレス『Jet Press 540WV』、「UVインクジェット+水性グラビア印刷ユニット」によるハイブリッドプレス『Jet Press 540WH』、そして溶剤フリーの水現像フレキソ版『FLENEX FWシリーズ』を中心に、選りすぐりの軟包装向けソリューションを出展。活用事例として、お客さまの実際のジョブやサンプルを多数展示し、具体的な導入メリットや付加価値提案のヒントをお伝えします。また、『EUCON Technology』は軟包装以外のコンバーティング分野での活用が見込まれます。様々な基材への印刷テストについてご相談ください。


【主な出展製品】

●軟包装用UVインクジェットデジタルプレス Jet Press 540WV(サンプル展示)

富士フイルム独自の『EUCON Technology』を搭載し、高品質・高生産性・低臭気を実現。VOCフリーのUVインクにより、環境性・安全性にも優れ、多様な用途に活用できます。

【写真】軟包装用UVインクジェットデジタルプレス Jet Press 540WV (サンプル展示)


●軟包装用インクジェット・グラビアハイブリッドプレス Jet Press 540WH(仮称) (サンプル展示)

UVインクジェット+水性グラビア印刷ユニットによるハイブリッド印刷システム。使用量の多い白を水性グラビアインキとすることで、低ランニングコストを実現します。

【写真】軟包装用インクジェット・グラビアハイブリッドプレス Jet Press 540WH(仮称) (サンプル展示)


●UVインキ用 水現像フレキソ版 FLENEX FW-U2 [NEW]

樹脂凸版国内トップシェア「富士トレリーフ」の処理機にて製版可能なUVインキ用水現像フレキソ版。特に樹脂凸版ユーザーには、設備投資を抑えつつも、これまでの優れた着肉性と画像再現性に加え、改良した版面インキ汚れ耐性により、ロングラン印刷時の生産性に寄与します。

【画像】UVインキ用 水現像フレキソ版 FLENEX FW-U2


●UV/水性インキ用 水現像フレキソ版 FLENEX FW-L2

200線1~99%の高精細網再現を実現した、低環境負荷を特徴とする水現像フレキソ版。感度向上と洗出し性アップにより製版時間をさらに短縮し、約30分/版を達成。同時にハンドリング適性の改善により安定した刷版を提供でき、印刷機の稼働率向上に寄与します。


●CI型高速フレキソ印刷機 W&H MIRAFLEX" C (サンプル展示)

世界で500台以上の導入実績を誇る独ウインドミュラー&ヘルシャー社(W&H社)製のCI型フレキソ印刷機。堅牢性重視の設計により、抜群の信頼性・生産性を発揮します。

【画像】CI型高速フレキソ印刷機 W&H MIRAFLEX C (サンプル展示)


●研究開発用インクジェット装置 マテリアルプリンター DMP-2850

世界中の研究機関への豊富な導入実績を持ち、「第1回プリンタブルエレクトロニクス大賞」を受賞した『DMP-2831』の後継機です。FUJIFILM Dimatix社製産業用インクジェットヘッドも併せてご紹介します。

【画像】研究開発用インクジェット装置 マテリアルプリンター DMP-2850


【主催者企画 多品種小ロット生産セミナー FFGS講演概要】

・2月1日(金)13:10~13:50
導入が加速する軟包装用UVインクジェットデジタルプレスの最新動向

 講師: 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
     特殊印刷事業部 パッケージ営業部 担当部長 菅沼 敦

軟包装印刷の分野でも、近年、大きな課題となっている小ロット・多品種、短納期への対応。その対応策のひとつとして注目されているインクジェットデジタルプレス。本セミナーでは、導入が加速している富士フイルムの軟包装用UVインクジェットデジタルプレス「Jet Press 540WV」の特徴に加え、Jet Press 540WVで印刷した製品を取り扱う株式会社マイン様(Jet Press 540WV設置先は関連会社の株式会社フィード様)にも登壇いただき、UVインクジェットデジタルプレス活用のメリットと今後の可能性について、実際の活用事例も交えご紹介いたします。

会場: コンバーテックステージ(東3ホール会場内)

参加方法: 事前の聴講登録は不要です。


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部
  • TEL :03-6419-0380
  • FAX :03-6419-9896
  • 〒106-0031
    東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る