ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


しまうまプリントシステム株式会社

 

「出力機4台+後加工機」を核にした効率的な一気通貫システムで、

顧客の最新ニーズに応える高速・高画質フォトブックサービスを実現。

富士ゼロックス Color 1000 Press/Color 800 Press

企業概要

しまうまプリントシステム株式会社

鹿児島県に国内最大級の写真現像ラボを持ち、業界最速のネット写真プリントサービスを展開。自動化を徹底追求した生産工程により、低価格と高画質プリント、そして「即日または翌日出荷」というスピード発送を実現しており、利用者は約70万人に達する。昨年11月から新たに、4台の『富士ゼロックス Color 1000 Press』と後加工ラインを駆使したフォトブックサービスを開始。仕上がりの速さと品質の高さで、着々とユーザー数を伸ばしている。
(2013年8月取材)

会社名

しまうまプリントシステム株式会社

代表者 髙橋洋一郎 氏(代表取締役社長)
設立 2010年5月6日
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比寿幸和ビル2F(東京本社)
鹿児島県日置市伊集院町清藤2110-29(鹿児島本社・ラボ)

[写真]髙橋洋一郎 氏

髙橋洋一郎 氏
代表取締役社長

インタビュー

フォトブックサービス開始までの経緯は?

髙橋社長
当社は2010年の設立時から、Web受注に限定した写真プリントサービスを展開しており、現在では、富士フイルムさんのミニラボシステム『フロンティア』約40台をLAN構成で設置し、高品質のプリントを低コストでスピーディーに提供できる体制を確立しています。一方で、北米や欧州の動向を見ると、写真プリントからフォトブックへとマーケットが移行しているというデータがあるんですね。当社のユーザーアンケートでも、「フォトブックサービスを使ってみたい」という回答が非常に多かった。品質と価格面で価値あるものを提供できれば、日本でもフォトブックの市場は広がるだろうと、大きな可能性を直感しました。そこで、写真プリントサービスで確立した顧客管理の仕組みや出荷体制、決済システム、物流などを活かしながら新たな生産ラインを構築し、サービス開始に踏み切ってみたわけです。

富士フイルムグループのシステム提案に対する評価は?

髙橋社長
私どもが追求しているのは、できる限り自動化して人手をかけないということ。そのためには、各機器がネットワークでシームレスにつながっていることが重要になりますが、いろいろなメーカーさんに相談した中で、印刷から後加工、工程管理まで含めた“一気通貫のシステム”として最も優れた提案をしてくださったのが富士フイルムグループでした。実際の生産工程は、共通デザインとなる表紙のみオフセットで印刷し、『Color 1000 Press』で出力した中身とカバーを合わせて製本する、という流れです。システム全体を『FreeFlow』でコントロールすることによって、大量のデータを効率よく正確に処理できています。この生産システムと、自社開発のWeb受注システムを連携させているわけですが、私どもがすべて一から開発するよりも低コストで、しかも予定より早く立ち上げることができました。最小限のオペレーションで最大限の生産能力が発揮される、国内でもトップクラスの理想的なシステムをご提案いただいたと思っています。

出力機に富士ゼロックスColor 1000 Pressを選択した理由は?

髙橋社長
最大の決め手は、やはり画質ですね。計6社のシステムを、かなり時間をかけて検証しましたが、ちょうど『Color 1000 Press』のアプリケーションがバージョンアップしたこともあり、他メーカーの機種と比べて最も画質が高かった。実際に、サービス開始後、お客さまからも「想像以上に画質がいい」という声を多くいただいています。また、もう一つポイントになったのは、年賀状の出力に対応できること。写真付き年賀状は、これまで外部に委託していたのですが、需要が急速に伸びているので、これを内製化してサービスのスピードアップを図ろうという狙いもありました。まずは4台体制でスタートしましたが、今後、フォトブック・年賀状の仕事量に応じて追加導入しようと考えています。

今後の戦略は?

髙橋社長
現状、フォトブックは月産数万部のペースですが、もう少し価格を下げ、より多くの方に気軽に楽しんでいただけるようにしたいですね。また、新たな展開として、学校や幼稚園、保育園などのアルバム作成サービスも計画しています。一人ひとりが自分で好きな写真を選んでつくる“自分だけの卒業アルバム”。いま、その具体的なシステムの検討を進めているところです。フォトブックのマーケットが何十倍にも広がっていくよう、さらにサービスを充実させていきたいと考えています。

2013年9月 『FGひろば156号』掲載

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る