ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

株式会社野毛印刷社

 

設備・人材含めた工程改善により、生産性向上・品質安定化を目指す。

その成果を「Eco&Fast Printing技術セミナー&工場見学会」で披露。

企業概要

小ロット・短納期要求への対応力強化に力を入れている野毛印刷社では、印刷機のメンテナンスや各種材料の管理方法を見直すなど、『Eco&Fast Printing』の実践により、刷り出し時の色合わせ回数削減、乾燥時間短縮、品質の安定化、損紙削減によるコストダウンを実現。また、かねてから独自に取り組んできた工程改善活動との相乗効果で、24時間あたりの印刷処理台数「217台・1,180版」という世界記録を樹立した。2014年6月には、福浦工場において「Eco&Fast Printing技術セミナー&工場見学会」を開催(主催:富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株))。菊全判8色両面機を使用した印刷実演で、刷り出しや乾燥の速さ、色合わせの精度の高さを披露した。
(2014年6月取材)

会社名

株式会社野毛印刷社

代表者 代表取締役社長 森下 治 氏
設立 昭和23年9月17日
所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦2-4-11(福浦工場)

[写真]森下 治 氏

森下 治 氏
代表取締役社長

[写真]永田 和義 氏

永田 和義 氏
印刷課 課長


インタビュー

工程改善に対する考え方、これまでの取り組みについて

森下社長

当社では、つねに「生産性が高く、環境にやさしい工場」を目指してさまざまな取り組みを進めており、ISO9001、ISO14001、グリーンプリンティング工場認定の取得、さらに、横浜市の地域貢献企業認定制度では最上位のランクを取得しています。こうした環境負荷削減・地域貢献のための仕組みづくりに加え、生産性を高めていくため、仕事内容に合わせて印刷機をはじめとする設備面の強化にも取り組んできました。社内の仕組みを最適化することで、たとえば、10か月で370万円の人件費の削減を果たしたという例もあります。しかし、本当の意味で生産性を上げていくためには、人の成長が非常に重要です。どんなに優れた仕組みがあっても、それを動かすのは人ですから、人材の成長が企業の成長につながると私は考えています。

Eco&Fast Printingの実践による成果について

永田課長

4年前に、メインの印刷設備を水なしから水ありへと切り替えたのですが、その際、現場で苦労したのが、やはり水まわりの管理でした。仕事内容としては、高級楽器や貴金属のカタログなど、品質要求が高く、3,000部以下の小ロットのものが多いため、本刷り時間より準備時間の方が長くかかってしまうこともあります。そこで、刷り出し時間の短縮と、どんな絵柄でも品質を安定させることをテーマに、工程改善をスタートしました。

初めは外部のコンサルタントにお願いして管理方法を教えていただきました。給水ローラーの親水処理、インキングローラーのグレーズ処理、ニップ幅や水棒の設定などを見直すとともに、毎週、印刷前に水の状態を棒刷りでチェックするなど、運用面での対策も試みたのですが、残念ながら、この段階ではなかなかいい結果が得られませんでした。そこで、ちょうど『Eco&Fast Printing』活動をスタートしていたFFGSさん、そして印刷機メーカーさんにも相談し、一度基本に立ち返り、すべての管理・調整を再度見直していきました。

この2度目の取り組みは大きな効果に結び付き、初回色合わせ達成率が70%を超え、刷り出し時間の大幅な短縮が図れたのです。同時に、ヤレ紙も4分の3以下に削減することができ、コスト削減にもつながりました。また、品質面ではドットゲインが±3%で安定し、以前から課題になっていたインキ絡みによる事故や調整のための機械停止時間もほとんどゼロに近い状態になりました。

難しかったのは、個人によるバラツキをいかに少なくするかということ。オペレーターによって、理解度も違えば、工具の使い方一つとっても得手不得手があります。ただ、メンテナンスすること自体が目的ではないので、一人ひとりが“追求すべき結果”をつねに意識し、それに向けて努力することが最も大切だと思います。今後、メンテナンスを行なった結果を見える化し、目で見て変動がわかるような仕組みをつくることで、この活動を継続していきたいと思っています。

今後の展開について

森下社長

FFGSさんには、営業面ではワークフローシステムの『XMF』でクライアントとの間を一気通貫でつなぐ仕組みを提案していただき、生産現場の方では技術スタッフの方にこまめに来ていただいて、私たちが気づかないことをいろいろと教えていただいています。これからも、多方面に協力していただきながら、当社の強みである「ロジスティクスまでを含めたワンストップ・サービス」をさらに強化し、お客さまに、スペシャリストとして高品質なサービスを提供できるプロバイダーを目指していきたいと考えています。

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る