ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


株式会社共栄メディア

 

小ロット印刷への戦略的活用も視野に入れ、

まずは抜群の色安定性を活かした次世代の校正機として本格始動。

Jet Press 720

企業概要

株式会社共栄メディア

1978年に「共栄プロセス」として設立。現在は企画・デザインから製版、色校正、印刷まで幅広く手がけ、Japan Colorマッチング認証を取得した高度な色管理体制で、顧客のシビアな品質要求に応えている。最近では、デジタルサイネージ事業や、オリジナルTシャツの製作など、従来の製版・印刷以外の分野にも積極的に取り組む。2012年にいち早く導入した『Jet Press 720』は業界内で大きな話題を呼び、すでに100社以上が見学に訪れているという。
(2013年7月取材)

会社名

株式会社共栄メディア

代表者 錦山慎太郎 氏
設立 1978年6月
従業員数 100名
所在地 本社/東京都新宿区山吹町306 共栄第2ビル(本社)

[写真]錦山慎太郎 氏

錦山慎太郎 氏
代表取締役社長

[写真]井元敏行 氏

酒井公郎 氏
常務取締役
生産・人事担当


インタビュー

導入の経緯は?

錦山社長
当社は、製版・色校正・印刷を主な業務としていますが、色校正に関しては、本紙校正のニーズが多いため平台での対応が中心でした。ただ、平台校正は品質の不安定要素が多く、機械の老朽化も進んできたので、そろそろ新たな色校正のシステムを構築しなければいけない。そんな思いから、ここ数年、“本紙が使えるデジタル校正機”という観点でさまざまなシステムを検討していたのですが、2年前の『IGAS2011』で『Jet Press 720』の実機デモと印刷サンプルを見せていただいた際、そのクオリティの高さに驚き、これはすごいと。直感的に当社の新たな校正システムとして活用できると確信しました。社に戻ってすぐに役員を集め、皆でサンプルを見ながら検討した結果、まさに次世代の校正機として最適だという結論に至り導入を決めたわけです。

酒井常務
出力サンプルを見ると、色のバラツキや濃度の変動がなく、再現安定性は相当なレベルだということが確認できました。しかも、その安定した品質が、オペレーターの技量などに左右されず、イージーオペレーションで得られる。いままで当社の校正部門で抱えていた問題を一気に解消できそうな、大きな魅力を感じましたね。

Jet Press 720の活用戦略は?

錦山社長
いま、第一ステップとして進めているのは、平台校正の置き換えです。現在、色校正全体の約20%が『Jet Press 720』に移行している状況ですが、これを40%まで持っていきたいですね。『Jet Press 720』1台で、少なくとも4色校正機4台分の仕事をこなせるだろうと見込んでいます。次のステップでは、本機校正を行なっている印刷会社さんに『Jet Press 720』への切り替えを提案し、色校正における損紙削減、印刷機の稼働効率アップに貢献していく。そして第三ステップでは、色校正だけでなく、小ロット印刷にも活用範囲を広げていこうと考えています。

Jet Press 720導入によるメリットは?

錦山社長
お客さまに提供できる最大のメリットは、何と言っても「品質の安定化」ですね。たとえば、修正していない部分の色が変わってしまうといった致命的なトラブルが、『Jet Press 720』なら確実に防げます。また、当社の色校正の仕事は、夜にデータをいただいて翌朝納品というタイトなスケジュールも珍しくありませんが、『Jet Press 720』では1時間に20ジョブほど処理できるので、短納期の要望にも余裕を持って対応できます。

酒井常務
数値管理によって、誰がいつ印刷しても同じ色が出せるうえ、ヤレ紙も少なく、インキ洗浄などの作業からも解放されるなど、現場の作業環境も劇的に変わりました。担当オペレーターも、「平台と比べて、操作性、効率性、安定性、どれをとっても天と地の差だ」と高く評価しています。

今後の展開は?

錦山社長
まずは、「色校正と言えばJet Press」と言われるぐらいに、『Jet Press 720』を色校正のスタンダードとして定着させたいですね。また、小ロット印刷への活用については、カスタマイズカタログのようなパーソナライズ印刷などへの展開を、いま富士フイルムさんと一緒に研究しているところです。これが実現すれば、“オフセット品質のデジタル印刷機”として、より戦略的に使えるものと大いに期待しています。

2013年9月 『FGひろば156号』掲載

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る