ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


株式会社野毛印刷社

 

T-9800CTP NHXの瞬発力とXP-Fの扱いやすさ・安定性が、

印刷準備時間の大幅短縮に寄与し、効率的フローの確立へ大きく前進。

Luxel PLATESETTER T-9500/9800 Series

企業概要

株式会社野毛印刷社

1948年に横浜市中区野毛で創業。早くから“環境配慮企業”としての事業展開を行なっており、最近では「eco nogeプロジェクト」として、水なし印刷やFSC認証紙の導入、カーボンオフセットなど、多角的な取り組みを推進している。また、印刷技術の高さにも定評があり、今年2月、福浦工場の8色反転枚葉印刷機を使った印刷準備時間短縮の挑戦で、世界記録を樹立。5月には、(社)日本グラフィックサービス工業会が主催する『JaGra作品展』で、製品案内パンフレットなどが最高賞にあたる経済産業大臣賞を受賞した。
(2011年6月取材)

会社名

株式会社野毛印刷社

代表者 森下 治 氏
設立 昭和23年9月17日
所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦2-4-11(福浦工場)

[写真]高橋恵二 氏

高橋恵二 氏
取締役工場長

[写真]笠井和雄 氏

笠井和雄 氏
出力係
担当課長


インタビュー

印刷準備時間短縮の世界記録に挑戦した理由は?

高橋工場長
業界全体で多品種・小ロット化が進む中、当社でも6、7年前からその傾向が顕著になっており、昨年には、印刷機1台の通し枚数が1件あたり3,000を切ることもありました。このような受注内容の変化に対応するためには、オペレーターのスキルアップを図るとともに、印刷機に版をかけるまでの前工程をいかに効率化していくかが課題でした。そこで、昨年導入した最新の8色機や高速サーマルCTPなどの最新設備の性能を最大限に活かしながら、印刷準備時間をどこまで短縮できるか、作業プランを組んで実際の仕事を回しながら検証してみようと考えたのです。「世界記録に挑戦しよう」というよりは、仕事をより効率的に進めていくうえでの理想型を把握するとともに、社員のさらなるモチベーションアップを図ることが一番の狙いでした。

世界記録達成の要因は?

笠井課長
当日は、前もって作成した綿密な進行プランに沿って作業を進め、午前9時から午後8時46分34秒にかけての11時間46分34秒という時間内に、132件の仕事をこなし、その間696枚のプレート交換を行ないました。中には、1件につき500通し、あるいは30通しという極小ロットのものも含まれていました。

高橋工場長
作業進行プランでは、オペレーターの食事時間や休憩時間、あるいはプレートの移動時間、プレートの並べ方、機械や設備の間を歩く歩数に至るまで、細かく計算し設定しました。事前にCTPの位置やプレートの保管場所、オペレーターの動線など、何度も試行錯誤を重ね、最良な形を探ったのです。また、今回のトライアルは、サポートも含めて4名のオペレーターが担当しましたが、彼らの技量の高さも成功の大きな要因となっています。作業が進行していくうちに的確な動きのコツをつかみ、短い時間の中で工夫し対応してくれました。当社では日頃から有資格者制度・社内検定制度を制定し、研鑽を重ねており、その成果も表われたのではないかと思います。

笠井課長
設備・資材面では、長いお付き合いのあるFFGSさんの協力をいただきました。『T-9800CTP NHX』は、「時間51版」という高速性に加え、RIPの演算も速く確実で、ベストのタイミングで出力できました。出力トラブルや、版待ちなどのロスはまったくありませんでしたね。プレートは最新の『XP-F』を使用しましたが、取り扱い性はもちろん、再現品質、安定性とも文句なしです。このCTPシステム全体の信頼性の高さも、今回の記録達成に大きく貢献してくれました。CTPに関しては、以前から富士フイルムさんの製品を使っており、品質面だけでなく、プレートのリサイクルシステムや低廃液化、CFP表示などの環境対応や、サポートのきめ細かさなど、あらゆる面で安心感があります。

今回の取り組みを今後にどう活かしますか?

高橋工場長
今回の世界記録達成は、仕事の流れを見直し、自分たちの力量を測る良い機会になり、現場のモチベーションアップにもつながりました。さらに、「ムダやロスを排除した効率的な作業フローの確立」という観点からも、確かな手応えを感じています。生産効率を徹底的に高めることは、「情報を最良の形に加工し、より迅速にお客さまにお届けする」という使命を果たしながら「環境負荷削減」を推し進めることでもあります。当社はつねに「環境にやさしい製品・サービスの提供」を心掛けており、また、環境対応は決して経済活動と矛盾しないという信念を持っています。この考え方を実証するためにも、今回の記録がしっかりと活かされなければならないと思っています。

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る