ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


株式会社アサプリホールディングス/アサプリグループ

 

集中管理体制の確立とオンライン校正の活用により、

顧客も含めたグループ全体のフローが劇的に効率化!

xmf

企業概要

株式会社アサプリホールディングス/アサプリグループ

1978年に「アサヒプリントセンター」として創業。2002年、従来の社風・独自性を尊重する「和の心を重んじた日本式M&A」により(株)プリンターを子会社化。さらに2005年にはオリエンタル印刷(株)をグループに加え、(株)アサプリ、(株)アサプリホールディングスを中心とした地域密着型の印刷会社4社の連携により、連結売上高30億円超へと成長。先進的な発想で顧客の幅広い要望に応えながら、印刷業をコアに、関連分野も含めた新たな業容拡大を目指す。
(2011年3月取材)

会社名

株式会社アサプリホールディングス

株式会社アサプリ

株式会社プリンター

オリエンタル印刷株式会社

代表者 松岡祐司 氏(代表取締役社長)
創業 1978年7月
従業員数 200名(グループ全体)
所在地 三重県桑名市安永926(本社)
XMF Remote紹介サイト

[写真]松岡祐司 氏

松岡祐司 氏
代表取締役社長

[写真]藏田照久 氏

藏田照久 氏
集中管理部 システム課 課長


インタビュー

XMF/XMF Remote導入の狙いは?

松岡社長
導入目的は大きく二つありました。一つは、お客さまの「印刷物にかかわる作業」を軽減するための仕組みをつくること。いま、印刷機などのハード面での差別化が難しくなっていますが、その中で私どもは、お客さまの課題を解決できる存在であり続けなければ、生き残っていけません。そこで、多くのお客さまが抱えている「時間とコストの削減」という課題を、『XMF』『XMF Remote』による効率的なフローによって解決しようと考えたのです。
もう一つの狙いは、生産の“グループ内全体最適化”が図れるワークフローを構築し、確実に利益を確保できる体制を確立することです。これは、「全社員の幸せを追求する」という当社の経営理念の実践でもあります。売上を伸ばすことが難しくなっている中で、社員の雇用・幸せを守るには、粗利を確保すること―私どもの言い方で言えば、付加価値を上げることが重要になります。そのためには、『XMF』で集中管理型のワークフローを構築することが不可欠と考えたのです。

XMF/XMF Remote採用の決め手は?

松岡社長
やはり一番の決め手は、富士フイルムさんのメーカーとしての信頼感ですね。非常に高い技術力をお持ちですし、何より、『XMF』のご提案をいただいたときに、富士フイルムさんがこのシステムの開発に本気で取り組んでいるということがよく伝わってきました。機能面で言えば、私どもがこれから展開しようとしているWeb to Printやデジタルサイネージなどに対応できる「拡張性」がポイントになりました。 さらに、当社のプリプレス環境は富士フイルム製品で揃えているということもあり、FFGSさんなら、個々の機器単位でなくワークフローシステム全体をサポートしていただける、という安心感も、『XMF』に決めた理由の一つです。

現在のXMFの運用状況は?

松岡社長

アサプリホールディングスの集中管理部にセンターRIPである『XMF Complete』とWebポータル『XMF Remote』を設置し、各グループ会社には基本機能のみの『XMF Processor』を置いています。集中管理部にはグループ各社の出力部門長が出向しており、当社独自の基幹システム『APGシステム』とXMFを連携させながら、入稿からオンライン校正、出力先指定までを一括管理しています。つまり、入稿データはすべて一度ホールディングスに集め、『XMF Complete』で演算処理してから最適な出力先に送信し、プルーフ・CTP出力を行なうという流れになっています。

集中管理化による具体的なメリットは?

松岡社長
いままでは、各グループ会社がそれぞれRIPを持っていて、自社で出力するか、外注するかの判断を各社独自に行なっていたため、他のグループ会社で空いている機械があるのに外注に出したり、逆に、本来その設備に適さない仕事でも自社で刷ってしまったりと、さまざまな面で非効率な部分がありました。しかし、現在の集中管理フローでは、印刷物の仕様や機械の空き状況などに応じて、アサプリホールディングスで仕事の割り振りを行なうため、グループ内の設備を最大限に有効活用できます。これにより、外注費が大幅に削減でき、売上高粗利益率が前年比5.2%もアップしました。

藏田課長

現場での導入効果としては、作業ミスや出力トラブルなどの事故が激減したことが大きいですね。いままでは、プルーフ出力とCTP出力で別のRIPを通していたため、誤って校了前のデータをCTP出力してしまったり、文字が化けてしまったりといったトラブルが起きやすかったのですが、RIPを『XMF Complete』に一本化したことで、プルーフ出力とCTP出力の演算結果がほぼ間違いなく一致するようになりました。これは言い換えれば、初校の段階から最終出力結果のより正確なシミュレーションが可能になったということでもあります。また、もう一つ大きなメリットとして実感しているのは、印刷データを『XMF Complete』で一元管理しているため、グループ内のどこからでもデータを取り出すことができる点です。たとえば、夜中に印刷機のトラブルで急ぎの仕事が進められなくなってしまった場合に、他のグループ会社でデータを引き出して対応するといったことが可能になりました。

松岡社長
『XMF』によるセンターRIPワークフローは、複数の会社でグループを構成されているところや、遠隔地にいくつかの生産拠点を持っている会社さんではとくに効果的なのではないかと思います。

XMF Remoteの運用状況・メリットは?

松岡社長

導入からまだ約1年ですが、すでに120社以上のお客さまとの間で活用しています。お客さまに『XMF Remote』を提案する際には、その場でセッティングして実際に校正などの作業をお見せしながら説明すると、すぐにそのメリットを理解していただけます。また、『XMF Remote』の紹介サイトも立ち上げて、導入を促進しています(*)。何と言っても、RIPをかけた状態の校正データを、お客さまも当社の営業も、都合の良い時間にチェックできるというのが大きいですね。画面上で相違箇所が一目でわかるデジタル検版機能も画期的だと思います。
色味のチェックに関しては、初校で『富士ゼロックス DocuColor 1257 GA』の出力をお見せしています。グループ各社にDocuColor 1257 GAを設置し、それぞれ毎日カラーマッチングを行なって色校正として使える再現精度を維持しているので、これが「信頼できる色見本」になるのです。2校以降はオンラインで行ない、本紙での確認が必要な場合は、校了後に本機校正を出します。
紙でのやり取りがゼロになるわけではありませんが、営業が校正紙を持って動く時間は大幅に削減されましたし、お客さまにとっても、「校正の待ち時間」の短縮、販促担当者の負担軽減、コスト削減という大きなメリットになっています。

* XMF Remoteの紹介サイト

藏田課長

『XMF Remote』によるオンライン校正の場合、社内では、デザイナー、校正担当者、担当営業、営業事務など、下版までに最低4人の承認を経ることになっており、その履歴がすべて残ります。これは、承認の進捗状況がつねに把握できるうえ、何か問題が生じたときに履歴を辿ることで原因を突き止めやすいという利点もあります。その意味で、グループ内の運用だけを見ても導入効果は大きいですね。

今後の展開は?

松岡社長

最近は、「校正をWeb上で行ないたい」「部数に応じてPODとオフセットを使い分け、同時にWebにも展開したい」など、まさに『XMF』が目指している仕組みを、お客さまの方でも構想として考えていらっしゃるんですね。
先日も、あるメーカーさんに新規営業で伺ったところ、こんなお話をされていました。「商品カタログが約100種類あり、年に20部ほどしか使わないものもあれば、月に5000部刷るものもある。ほとんど出ないカタログも、仕様変更があるたびに刷り直さなければいけないので頭が痛い。全部InDesignで組み直してWebに上げておき、必要なときに必要な部数だけ印刷できないだろうか」と。まさに、『XMF』のワークフローをベースにInDesign CS5やWeb to Printの導入を進めている当社は、今後このような要望に対して強みを発揮していけると思うのです。その中で、『XMF』『XMF Remote』は非常に強力なインフラになります。
ただ、これも導入して終わりではなく、市場の変化に合わせて運用方法をアップデートしていかなくてはなりません。たとえば、先日、PAGE2011の展示会場でFFGSさんが「XMF RemoteとiPadとの連携」を紹介されていましたが、この機能が実現した折には、当社も営業にiPadを持たせて実際に活用しようと考えています。営業がiPadを使うことにより、下版時に必要な「営業の承認作業」がその場で行なえるため、「営業が帰社するまで下版できない」などの問題も解消し、さらなる時間・コスト削減が可能になります。これからも、『XMF』『XMF Remote』にはつねに私たちの先を進んでもらいたいですね。

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る