ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


Eco&Fast Printing

 

Eco&Fast Printingの実効力

Eco&Fast Printingとは?

オフセット印刷では、印刷機をはじめ、紙やインキ、プレート、湿し水など、さまざまな要素が関わり合っています。これら一つひとつの要素、すなわち機器や材料を、適切に管理し、それぞれのポテンシャルが最大限に発揮される理想的な状態を保つことによって、印刷の生産性・品質安定性を高め、環境負荷を削減することができます。こうした観点から印刷工程改善の取り組みをきめ細かくサポートするのが、『Eco&Fast Printing』です。印刷機のメンテナンス方法や各種設定を見直し、印刷機の良好なコンディションがしっかりと維持できる体制を確立することで、サーマルプレート『XPシリーズ』や完全無処理プレート『XZ-R』、CTP湿し水『ECOLITYシリーズ』の優れた性能を引き出し、コスト削減・生産性向上・品質安定化・環境負荷削減を実現します。

Eco&Fast Printingセミナー・勉強会

Eco&Fast Printingセミナー・勉強会

印刷機の適切なメンテナンス方法やチェックポイント、プレートや湿し水の果たす役割など、『Eco&Fast Printing』実践のための要点を、セミナー形式でわかりやすく解説します。

印刷機診断

印刷機診断

課題を“見える化”するため、印刷機の状態を診断・分析。その結果を踏まえ、最適な改善策を提案します。

実践サポート

実践サポート

お客さまとともに策定した改善策をより効果的に実践できるよう、FFGSのプリンティングアドバイザーが印刷現場できめ細かくアドバイスを行ないます。

お客さまから、評価の声が続々と届いています。

  • 損紙やインキ使用量が低減でき、大幅なコスト削減が図れました。
  • 印刷の基本の大切さを、あらためて認識しました。
  • 若手オペレーターの教育に大変役立ちました。
  • 現場を第三者の目で見てもらうことで、具体的な課題が見えてきました。
  • 実際の検証に基づいたリアルなデータを見せていただけたので、より深く理解することができました。
  • パウダー量の削減、損紙の削減など、明確な効果が実感できたことで、現場の意識にも変化が表われています。

CTPプレートによるEco&Fast効果

富士フイルムのCTPプレートは、
水が絞れるから・・・、刷り出しが早い!乾燥が早い!刷了が早い!

Eco&Fast Printingでポイントになるのは、印刷機を適切にメンテナンスし、良好なコンディションを維持することによって、CTPプレートや湿し水の優れた性能を最大限に引き出すこと。富士フイルムのサーマルCTPプレート『XPシリーズ』および完全無処理CTPプレート『XZ-R』は、保水性に優れた独自の砂目により、「水が絞れる」ことが大きな特長です。このメリットを活かすことで、刷り出しの迅速化、乾燥性の向上、損紙削減、インキ量の削減が図れます。

刷り出しが早いから損紙が低減

富士フイルム独自の砂目『マルチグレインV』の「優れた保水性」と、感光層の「優れた着肉性」により「水・インキバランス」がとりやすく水が絞れるため、『XPシリーズ』は、刷り出し1枚目から着肉、安定した濃度が得られます。これにより、刷り出しの損紙が低減でき、「省資源化」「コスト削減」も図れます。

乾燥が早いから棒積み適性がアップ

多層のグレインを組み合わせた『マルチグレインV』は、砂目の表面積が広いため湿し水をしっかりと保持でき、インキ側へ余分な水が入らず過乳化が抑制されます。また、インキの皮膜が均一化することで、インキ量の削減も可能。水量・インキ量が少なくなる分、乾燥が早くなり、パウダー量も減らせ、棒積み適性も向上します。

刷了が早いから生産性が向上

昼休み1時間放置後の印刷汚れ比較

昼休み1時間放置後の印刷汚れ比較

滑らかできめ細かい砂目構造が、刷り出しから素早く水をキャッチ。インキの引っ掛かりがなく、昼休みなど印刷中断後の再スタート時でも、汚れの心配がありません。刷了までの時間的ロスを削減できるため生産性が向上し、短納期対応力も確実にアップします。

富士フイルムCTPプレートは、砂目の技術が違う!

『XPシリーズ』『XZ-R』の砂目『マルチグレインV』は、独自の4層構造。大波と中波が「保水性の高さや汚れにくさ」を、小波が「密着性」(耐刷性)を、そして微小波が「優れた水・インキバランス」を実現。しかも、表面が滑らかで、尖った部分がないため、インキが引っ掛かりにくい構造になっています。この砂目技術が、「立ち上がりが早く、水を絞っても汚れにくい」理想的なプレート性能を支えているのです。

それぞれの波が果たす機能(役割)


湿し水によるEco&Fast効果

印刷現場の課題解決は湿し水から。
富士フイルムの『ECOLITY』なら・・・損紙が削減できる!インキが削減できる!印刷トラブルが削減できる!

印刷現場でよく見られるトラブル

印刷現場でよく見られるトラブル

オフセット印刷における湿し水は、人間で言えば血液のようなもの。非常に重要な要素の一つです。印刷コストに占める割合としては1%にも満たないものですが、品質を維持するうえで果たす役割は大きく、“印刷品質の良し悪しは湿し水で決まる”と言っても過言ではありません。したがって、品質面のさまざまな課題を、湿し水によって改善することができます。富士フイルムのCTP湿し水『ECOLITY』シリーズなら、豊富なラインナップの中から目的に応じて最適な品種をお選びいただけます。

湿し水は、こんな課題に効果を発揮します。

給水ローラー汚れ

調量ローラー部にインキが絡んで水上がりが不安定になる。

ECOLITYなら… 過乳化抑制技術により、インキの過乳化を抑えることで、調量ローラー部へのインキ絡みを確実に防止します。

お勧め製品:ECOLITY W-K1/W-K2、ECOLITY S-U1/S-H1


紙粉付着

版の画線部上に紙粉が付着し、絵柄に素抜けが発生する。

ECOLITYなら… 紙粉が付着した部分でもインキの着肉性をしっかりと維持し、素抜けの発生を効果的に防止します。

お勧め製品:ECOLITY W-P1、ECOLITY S-Z1


ストップ汚れ

昼休み後の再スタート時など、厳しい印刷条件になると汚れが発生する。

ECOLITYなら… 強力な不感脂化機能を発揮し、非画像部の親水性をしっかりと維持するため、厳しい条件下でも汚れが出ません。

お勧め製品:ECOLITY W-R1、ECOLITY S-R1


迷走キズ汚れ

オフ輪印刷で、一筆書き状の汚れが発生し、印刷の進行に伴って成長していく。

ECOLITYなら… 汚れの原因となる迷走キズ(ブランケットに付着した異物が版面に接触することで発生)により消失した版の親水層を迅速に修復し、汚れの発生を抑えます。

お勧め製品:ECOLITY W-R1

湿し水運用のサポートも万全!

FFGSでは、湿し水をより効果的にご使用いただくためのサポートとして、湿し水のビフォア診断・定期診断を実施しています。

ビフォア診断
お客さまの使用条件や課題を分析し、その結果に応じて、豊富な湿し水ラインアップから最適な品種をご紹介します。


定期診断
ご使用の湿し水を定期的に採取させていただき、濃度測定・物性測定・バクテリアチェックを実施。その結果をフィードバックすることで、湿し水の良好な状態を保持します。

診断レポート(例)

診断レポート(例)


高感度UV印刷におけるEco&Fast効果

高感度UV印刷も、
Eco&Fast Printingを実践すると・・・汚れが抑えられる!水幅が広い!印刷機の稼働率が上がる!

高感度UV印刷は、LED-UV光源と高感度UVインキを使用することにより、「短納期対応」「パウダーレス」「幅広い原反への対応」といったUV印刷のメリットに加え、「省エネルギー」「油性インキと同等の色再現・光沢感」を実現する印刷方式として注目を集めています。ただ、UVインキは、油性インキに比べて水幅が狭く、油性インキと同様の感覚で印刷すると汚れが発生しやすくなる傾向があります。こうした特性を踏まえ、高いUV印刷適性を備えた資材を使用することで、高感度UV印刷のメリットを最大限に活かすことができます。

高感度UV印刷を支えるプレート性能 XP-F

砂目の比較写真

砂目の比較写真

ワイドな水幅、汚れにくさを実現
富士フイルムのサーマルプレート『XP-F』は、砂目表面の親水化処理を強化することにより、「刷りやすさ」を徹底追求。よりワイドな水幅、「水・インキバランス」の向上、汚れにくさ、メリハリのある印刷仕上がりを実現しています。


優れた耐薬品性を発揮
高感度UVインキは、バインダーにポリエステル樹脂・アクリルモノマーを使用していますが、これらの成分には、プレートの感光層を溶解する作用があるため、高感度UV印刷に使用するプレートにはその耐性が求められます。『XP-F』は、異なる機能を持つ樹脂層を最適なバランスでコーティングする独自の塗布技術『ダブルコーティング技術』を採用。優れた耐薬品性・UV適性を実現しています。

ダブルコーティング技術

ダブルコーティング技術

印刷処理薬品滴下テスト画像

印刷処理薬品滴下テスト画像

高感度UV印刷を支える湿し水性能 ECOLITY S-U1

インキの水負けを防止
UVインキは、油性インキに比べ水負け(過乳化)しやすいという特性がありますが、『ECOLITY』シリーズは、富士フイルム独自の過乳化抑制技術により、インキの水負けを確実に防止。乾燥性も一段と向上し、高感度UV印刷のメリットを最大限に活かすことができます。


給水ローラーのインキ絡みを抑制
高感度UVインキに含まれる光増感剤などの成分の影響で、湿し水のpH値が上昇しやすく、給水ローラーの汚れが発生しやすくなります。『ECOLITY S-U1』は、印刷中つねに給水ローラーの親水性を保持、 高いpHバッファー性とともに、給水ローラー上のインキ絡みを防ぎ、汚れの発生を確実に低減します。


グレーズの発生を抑制
『ECOLITY S-U1』は、グレージング抑制機能とpHバッファー機能を両立。インキローラーへのグレーズ付着を防止し、ローラーストリッピングを低減させます。


Eco&Fast Printingの経営的な活用効果

Eco&Fast Printingの経営的な活用効果/最後に、「Eco&Fast」のメリットが経営戦略にどう活きてくるのかをまとめてみましょう。

大幅なコスト削減が図れます

CTPプレートや湿し水の性能を最大限に引き出すことで、刷り出しが迅速化し、品質トラブルを抑制できるなど、さまざまなロスの削減が可能。これにより、「刷り出し損紙や不良紙の削減」「インキ使用量の低減」が図れ、大幅なコスト削減が実現します。

大幅なコスト削減が図れます

生産性が一段と向上します

水が絞れることによる「乾燥の早さ」「刷り出しの早さ」「刷了の早さ」、汚れなどのトラブル抑制による印刷機停止時間の短縮は、大幅な生産性アップにつながり、厳しい短納期要求に対応できる体制が、経営戦略上の大きな武器になります。

環境経営の実践をアピール

『XP-F』はグリーンプリンティングの「スリースター」を取得。無処理CTP版『XZ-R』の使用により、クリオネゴールドプラスも取得できます。また、富士フイルムのアルミリサイクルにご参加いただいた皆さまには『PLATE to PLATE』マークを発行。環境配慮印刷への取り組みを、幅広く客観的にアピールできます。

最後に『プリンティングアドバイザー』についてのご紹介

Mr.PA  江古出 駿 (えこで・はやお)

FFGSプリンティングアドバイザーは、FFGSの技術部門に所属する“印刷のプロフェッショナル”です。富士フイルムのCTPプレートや印刷用薬品を、お客さまの現場の環境で最適にご使用いただけるよう、印刷機のコンディションを含めた具体的なアドバイスを行ないます。


関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る